「元極妻」芳子姐さんのつぶやき67

ヤクザ業界大激震! 「ヒットマンは大親分」の衝撃――元極妻が考える今後の山口組抗争その3

2019/12/08 16:00
文=待田芳子

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。

組長が銃撃の実行犯として逮捕

 びっくりしましたねー。山健組のトップが銃撃の実行犯として逮捕されました。神戸山口組の若頭代行で、その中核組織である五代目山健組を率いる中田浩司組長です。報道によりますと、中田組長は12月3日、対立する六代目山口組傘下の弘道会系の組員を銃撃したとして殺人未遂などの容疑で兵庫県警に逮捕されています。今年の8月に、弘道会関連施設の前で弘道会関係者が撃たれて全治3カ月のけがをしているのですが、その時の現場の監視カメラの映像で中田組長と特定されたようです。

 田岡一雄三代目の大側近だったヤマケンこと山本健一親分が設立した山健組といえば、山口組の中でも名門で、五代目山口組の渡邉芳則組長ほかそうそうたる親分衆を輩出しています。その山健のスローガンといえば、「団結、沈黙、報復」なのですが、「最近は『報復』がない」「むしろ何を企んでるのかわからなくて怖い」と言われていたようです。

 でも、今は重罰化が進んでいて、そう簡単にカエシ(報復)もできないのが現実です。以前であれば、実行犯が自首すれば「だいたいOK」(例外もあります)でしたが、今は実行犯以外の幹部による殺人教唆などの逮捕が懸念されています。工藤會は、これで総裁も会長も逮捕されてしまいましたが、幹部不在だと組織の運営も厳しいですもんね。

 そういう中での神戸山口組の大幹部の中田組長の逮捕ですから、実話誌的には「ヤクザ業界大激震!」といったところでしょうか。この銃撃事件は、やっぱり4月に山健組の與(あたえ)則和若頭が弘道会系の組員に刺されたことが原因だといわれています。

 何度か書かせていただいてますが、若頭といえば事実上のナンバー2です。與若頭も生命こそ取り留めましたが、これで「カエシなし」はあり得ないでしょう。今までも何度か山健組と弘道会との事件は起こっていますが、これはかなり衝撃的でした。

 オットの兄弟分たちは、「さすが中田さんは俠(おとこ)!」「やっぱりヤクザはカエシをしてナンボやな!」と激賞していますが、「若頭代行が不在だと、組織の運営はどうなるのか……」と心配する声もあります。中田組長は、それでもカエシを選んだのですね。なんか映画になりそうです。

もはや何が起こるかわからない

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

ヤクザ業界大激震! 「ヒットマンは大親分」の衝撃――元極妻が考える今後の山口組抗争その3のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 元極妻・芳子姐さんのつぶやきのニュースならサイゾーウーマンへ!