読むほどに暗くなる……

【セレブ自叙伝・衝撃の話題作ベスト5】ホイットニーとの同性愛、ダグラス家の闇……

2019/12/08 18:00
文=堀川樹里(ほりかわ・じゅり)

 近年、海外セレブの間で何度目かの自叙伝ブームが到来している。「今だから明かせる秘話や暴露話」によって再び自身に注目が集まるきっかけになり、ベストセラーになれば「作家」という肩書や莫大な報酬も手に入る。セレブにとってはプラスになることばかりなのだ。

 9月には女優デミ・ムーアが初の自叙伝『Inside Out』を発売し、3番目の夫であるアシュトン・カッチャーから3Pを提案されたこと、42歳の時にアシュトンとの子を妊娠6カ月で亡くした過去を明かした。10月発売の歌手エルトン・ジョンの自叙伝『Me』も、「故ダイアナ妃をめぐる、シルベスター・スタローンとリチャード・ギアの一触即発の事態」「エリザベス女王が言うことをきかないおいを何回も往復ビンタした」ことなど、世界的大スターの彼が見聞きした話を次から次へと紹介し、話題騒然となった。

 今回は、“自叙伝の当たり年”である2019年に発売された、興味深いセレブの自叙伝を5冊紹介しよう。

ラマー・オドム『Darkness to Light』

 父親は家族を捨てたヘロイン中毒者で、女手ひとつで育ててくれた母親は12歳の時に大腸がんで死去という苦境の中で育った、元プロバスケットボール選手のラマー・オドム。NBAロサンゼルス・レイカーズ時代に全盛を極め、2004年のアテネオリンピックではアメリカ代表として銀メダル獲得に貢献した。プライベートでは、09年にカーダシアン姉妹の三女クロエと電撃婚。新婚生活がリアリティ番組として放送されたが、ラマーはカメラを嫌い、クロエとも不仲に。薬物に逃げ、浮気までウワサされるようになり、クロエから離婚を突きつけられた。そして、離婚成立直前の15年10月、ネバダ州の売春宿でオーバードーズにより意識不明の重体に。奇跡的に回復するが、再び薬物に手を出し、入院時からずっと支えてきたクロエに見捨てられる。その後、リハビリ施設に入って、ようやく薬断ちの道筋が見えるようになった。

 そんなラマーが今年5月に発売した『Darkness to Light』では、自分がどれほど重度な薬物依存症/セックス依存症だったかをつづっている。

 「クロエと結婚した当初から浮気していた。コカイン依存だったことも隠していた」といい、「(クロエとの結婚による)スポットライトが、薬物依存症、選手としてのキャリアの低迷、不貞行為と混じり合い、致命的なカクテルとなってしまった」と分析。そして、「自分は、妄想症、不安症、うつ病にコカイン中毒。それにセックス依存症でもあった」「薬物依存症の人間は、悪習慣を隠すのがとても上手。そんなオレに、クロエは見切りをつけたんだ」と離婚に至った経緯を明かした。クロエのことは心の底から愛していたそうで、「後悔で今でも胸が苦しくなる。でも後悔は慣れなければならないものだから。仕方ないね」。

 また本の中では、これまでセックスした女性の数は2,000人を超えると告白。「本当に多くのストリッパーと寝たから、正確な数は覚えていない。自分にとっては大したことではなかった。時々彼女たちにお金をあげたけど、軽く見たことは一度もない」といい、セックスはスナック菓子を食べるような感覚だと正直につづった。

 自叙伝執筆時はリハビリのおかげでクリーンだったが、「自分は今も依存症患者」「今も苦しんでいる。でももう闇のそばには行かない。絶対に」と、強い意志を持って薬物・セックス依存症に打ち勝つと宣言。彼は長らくクロエに未練を持っていたが、先日パーソナル・トレーナーの女性と婚約。ファンは、今度こそは幸せになってほしいと心から願っているようだ。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

【セレブ自叙伝・衝撃の話題作ベスト5】ホイットニーとの同性愛、ダグラス家の闇……のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! マイケル・ダグラスランキングホイットニー・ヒューストンのニュースならサイゾーウーマンへ!