親の功罪はとてつもなく大きい……

ジャスティン・ビーバー、『モダン・ファミリー』人気女優も……“毒親”に苦しんだセレブたち

2022/08/01 21:00
堀川樹里(ほりかわ・じゅり)
母から姉と比較されたベラ・ハディッド(写真:Getty Images)

 今年3月、人気モデルのベラ・ハディッド(25)が米誌「ヴォーグ」のインタビューで「14歳で鼻を美容整形したけど、すごく後悔している」と告白。未成年者の手術には保護者の許可が必要なため、“モデル界きってのステージママ”こと母親のヨランダ・ハディッド(58)が勧めたからに違いないという臆測が流れた。



 ベラは、小さな頃からブロンド&ブルーアイの典型的美女である姉ジジ(27)と比較されつらかったという心境も吐露しているが、これもヨランダがあからさまにジジをかわいがっていたからだと囁かれている。ベラは2人と良好な関係を保っているが、「ずっとヨランダに苦しめられている」「ヨランダに認めてほしい、愛してほしいと思っているに違いない」と同情する声が多く上がった。



 大成功を収めているセレブの中には、親との関係で心に深い傷を負った者が少なくない。ブリトニー・スピアーズ(40)のようにスーパースターになってからも、親に苦しめられ続けた者もいる。今回はそんな「“毒親”との関係に苦しめられたセレブたち」をご紹介しよう。

ジャスティン・ビーバー(28)

結婚して精神的に落ち着いたジャスティン・ビーバー(写真:Getty Images)

 カナダのオンタリオ州で生まれ育ち、13歳の時にYouTubeで公開していた音楽活動を見た業界人から連絡をもらい、とんとん拍子に世界的トップスターに上り詰めたジャスティン。



 母親のパティは17歳でジャスティンを妊娠。父親ジェレミーも18歳と若く、2人は子どもが誕生しても結婚せず、間もなく破局。ジャスティンは敬虔なクリスチャンであるパティに引き取られた。一方、父親とも交流を持ち、ギターを教えてもらったり、エアロスミスやメタリカ、ジミーヘンドリックスなどの音楽を聴かせてもらうなど、音楽面で強い影響を受けたといわれている。また、ジャスティンは、「自分が容姿に恵まれたのは父の遺伝子のおかげ」と感謝するなど、父親をリスペクトしてきた。



 デビュー後、世界中に熱狂的なファンを持つようになったジャスティンだが、19歳になった2013年から問題行動を起こし始める。パティに会わせる顔がないと距離を置くようになり、その隙間を埋めるように父親と親密に。どこに行くにも一緒という状態になったが、ジャスティンのマネジャー、スクーターと父親の関係は良好とはいえなかったようだ。

 米ニュースサイト「RadarOnline」によると、「スクーターと父親はウマが合わない」「スクーターは理性的な話をする。思春期のジャスティンにとって耳が痛いこともズバズバ言う。父親はスクーターとは正反対。だからジャスティンは父親と多くの時間を過ごすようになった」そうで、関係者からは「父親がジャスティンに悪影響を与えている」と心配する声が上がるようになった。



 実際、ジャスティンは14年に薬物所持や飲酒・危険・無免許運転に公務執行妨害、危険運転に暴行罪と何度も逮捕されたが、父親も22歳の時に暴行罪で逮捕されるなど、過去何度も法的トラブルを起こしていたことが明らかになり、「この親にしてこの子か」「父親がそそのかしたのではないか」と批判が強まった。



 父親の元親友だという男性は英紙「デイリー・メール」に、「やつは利用価値があるかどうかで人付き合いをする」と告白。「人を操るのがうまく、説得するのも得意だから、ジャスティンもいいように利用されているだけじゃないかと心配」だと明かし、無職の父親がジャスティンから月に5万ドル(約680万円)の仕送りをしてもらっていると暴露した。

 さらに米ニュースサイト「TMZ」も、ジャスティンが父の家賃を払い、問題を起こすたびに金を送っていたと報道。ジャスティンのプライベート・ジェットの機内で一緒にマリファナを吸いまくり、操縦士から注意されたとも伝えられ、「このままじゃ、ジャスティンがダメになる」と懸念する声が強まった。



 しかし、そんな父親をジャスティンはかばい続け、15年に米誌「ビルボード」のインタビューでは、「父は大人になりきれてなかったんだ。僕が4歳くらいの時に1年くらいいなくなって。父の日にふらりと戻ってきた父に、母が『いるなら、ずっといてちょうだい』と怒ってたのを覚えてる」「誤解されてるみたいだけど、父はそれから毎週末と水曜日は僕と一緒に過ごしてくれた」と説明。しかし、こうした発言も「父親に洗脳されているからだ」とも言われた。



 ジャスティンはその後、更生。ヘイリー・ボールドウィンと結婚し落ち着いた私生活を送るようになり、父親と過ごす時間もほとんどなくなったとみられているが、今でも父親との交流を続けており、父のパートナーとも仲良くし、異母弟妹のこともとてもかわいがっているという。


ジャスティン・ビーバー /ザ・ベスト(デラックス・エディション)
ひどいステージママは日本にも
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ジャスティン・ビーバー、『モダン・ファミリー』人気女優も……“毒親”に苦しんだセレブたちのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 海外のニュースならサイゾーウーマンへ!