“中学受験”に見る親と子の姿

「娘の受験校」というトップシークレット漏洩! 中学受験界のママ友マウンティングとは?

2019/09/20 17:00
文=鳥居りんこ

ママ友から、娘の成績を褒められたが……

 ゆかりさん(仮名)は、娘の麻耶ちゃん(仮名)が小学校5年生の時に、今の住所に引っ越してきた。見知らぬ土地は孤独を感じさせるに十分で、とにかくママ友を作りたくて仕方なかったそうだ。麻耶ちゃんは、クラスメート・亜子ちゃん(仮名)の影響で中学受験を選択。ほどなくして、一緒に同じ中学受験塾に通うようになる。そんな縁でゆかりさんと亜子ちゃんママとの距離は急速に縮まっていったという。

 当初、2人の関係はとてもうまくいっていたそうだが、次第にゆかりさんは違和感を持つようになっていく。その始まりは、ゆかりさんが雨の日に亜子ちゃんの送り迎えを買って出たことのようだ。

 「雨の日は娘を車で送迎するから、最初は『ついでだから、どうぞ』って気持ちだった」とゆかりさん。

 その後、学年が上がると、塾の拘束時間が増えたということもあり、ゆかりさんは天候によらず、麻耶ちゃんを車で送迎するようになったそうだが、亜子ちゃんママはその時、あっさりと「ウチもお願いできないかしら?」と頼んできたという。

 しかし、車での送迎がルーティンになっても、亜子ちゃんママは「悪いわね~」とは言うものの、ガソリン代を負担するわけでもなく、至極、当然のような素振り。ゆかりさんは決していい気分ではなかったという。

 そんな中、亜子ちゃんママが微妙なマウンティングを仕掛けてくることに、ゆかりさんは「イラッ」とするようになっていったのだそうだ。例えば、次のようなマウンティングだ。

「いいわね~、麻耶ちゃんママは運転ができて……。私はペーパーだから、パパがウチのベンツを使わせてくれないのよ」(ちなみにゆかりさんは軽自動車)

「麻耶ちゃんママもパパも中学受験の経験はないの? うらましいわ、伸び伸び過ごしてきたのね。ウチなんか、主人の家は皆、K出身だから、プレッシャーが半端なくて……。え? もちろん、私もK出身だけどね、あ、でも、大したことないし(笑)」(ちなみに、ゆかりさんは地方の短期大学出身)

 中でも筆者が最も笑ったのは、こんなマウンティングだ。

「すごいわね~。麻耶ちゃんは5年生から入ったのに、塾でのクラスが『α2』なんて! 亜子なんて、とてもとても!」

 筆者はてっきり、亜子ちゃんは麻耶ちゃんより下位クラスなのかと思っていたのだが、なんと上のクラスである「α1」だったそうだ。

カンペキ中学受験 2020
最近「うちはうち、よそはよそ」って言われなくなったのはなぜ?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「娘の受験校」というトップシークレット漏洩! 中学受験界のママ友マウンティングとは?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! “中学受験”に見る親と子の姿のニュースならサイゾーウーマンへ!