“中学受験”に見る親と子の姿

「女に教育はいらん!」舅から中学受験批判!! 母激怒のウラに「高卒で就職した」悔しい過去

 “親子の受験”といわれる中学受験。思春期に差し掛かった子どもと親が二人三脚で挑む受験は、さまざまなすったもんだもあり、一筋縄ではいかないらしい。中学受験から見えてくる親子関係を、『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などの著書で知られ、長年中学受験を取材し続けてきた鳥居りんこ氏がつづる。

Photo by Taichiro Ueki from Flickr

 中学受験で正直、めんどうだなぁと思うことの1つに「外野の声」がある。事情を知らない第三者が突然、訳知り顔で「反対意見」を述べることがあるのだ。

 それは「こんなに勉強させられてかわいそう」という言葉に代表される。「かわいそう」と言ってくる人が、我が子の人生に責任を取ってくれるならば、それはそれで納得するが、そんなことはあるわけがない。ただ、他人様の言葉ならば、微笑みながら華麗にスルーで問題ないが、困るのは祖父母である。

 拙書である『偏差値30からの中学受験 本当に聞きたかったQ&A ぶっちゃけどうなの?』(学研)の中に、次のような受験生母からの質問を載せた。

「Q 祖父母の理解が得られません。どう話したらいいですか?」

 私が導き出した答えはこうだった。

「A 無視しましょう!」

 本書は10年前の本なのだが、私の意見は今も変わらない。なぜなら、中学受験は、親が我が子のために「これがベスト」と信じてやらせるものだからだ。これは、親が信念を持って「この道!」と大きな決断を下したということである。仮に祖父母の反対でぐらつくのであれば、その程度の話、やめればいい。

 しかし、この本では、私はこのようにも書いた。もし祖父母に金銭的なサポートを受けているのであれば、「説得せよ」とつづったのだ。これは、実は祖父母のためにではない。中学受験をさせるべきか、させざるべきか――揺れる親の頭を整理するために、祖父母にプレゼンをしてみようということなのだ。「なぜ中学受験をさせるのか?」という強い思いをプレゼンで再確認できたならば、その経験が強力な援軍となって子どもを奮い立たせることにつながると思っている。

偏差値30からの中学受験リレーアドバイス/鳥居りんこ
「A 無視しましょう!」りんこさんの爽快な回答よ!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「女に教育はいらん!」舅から中学受験批判!! 母激怒のウラに「高卒で就職した」悔しい過去のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! コラム“中学受験”に見る親と子の姿のニュースならサイゾーウーマンへ!