あれから3年後……

「正しいこと言うのが友近しかいない」『中学聖日記』5話、有村架純を叱るセリフに共感の声

『中学聖日記』(TBS系)公式サイトより

 11月13日夜10時から第6話が放送される、有村架純主演の『中学聖日記』(TBS系)。視聴率は第1話6.0%、第2話6.5%、第3話6.2%、第4話5.4%、第5話6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録している。

 同ドラマは、かわかみじゅんこの同名漫画を元に描かれる禁断×純愛のヒューマンラブストーリー。片田舎の町・子星平の中学校に赴任した末永聖(有村架純)は、不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶(岡田健史)に惹かれていく。

 第5話で聖は、晶と手を繋いでいるところを婚約者の勝太郎(町田啓太)と晶の母・愛子(夏川結衣)に目撃されてしまう。とっさに繋いだ手を離して勝太郎に謝ろうとする聖だったが、勝太郎は何も見なかったかのように振る舞い、一切話を聞いてはくれなかった。

 翌日、教頭の塩谷(夏木マリ)から呼び出された聖は、同席した愛子の前でこれまでの経緯を説明し辞表を提出。教育委員会では、聖の処分について話し合われることになり、聖は自宅謹慎を命じられる。さらに、晶と会うことはもちろん、学校に来ることも禁じられた。

 その後、依願退職という形で辞表を受け入れてもらった聖は、実家に戻ることを決意。そのことを先輩の千鶴(友近)に話すと、千鶴は聖を連れ出して聖の実家へと向かう。そして、両親に学校をクビになったことを伝えるよう聖に諭す。しかし、突然のことで勇気が出ない聖は、車から降りることをためらってしまう。すると千鶴は、「なんであれだけ言ったのに、教師と生徒の線を踏み越えていったの!」と聖を厳しく叱るのだった。

「千鶴は聖が教育実習生だった時の指導担当であり、今では聖が何でも相談できる唯一の友人。聖は晶とのことを全て隠さず話していましたが、千鶴はその度に聖が道をあやまらないよう厳しく忠告していました。しかし、そんな忠告を無視した結果、聖は教師を辞めることに。視聴者からは『正しいこと言ってる人が友近しかいない』『友近の正論でいつも安心する』『叱ってくれる人がいて良かった』と、千鶴の意見を支持する声が数多く上がっています」(芸能ライター)

 第6話からは、聖が子星中学交を離れてから3年後の舞台が描かれる。 勝太郎と別れた聖は、新しい小学校で教師生活を再開し、充実した毎日を過ごしていた。しかしある日、同僚と訪れた雑貨屋で、聖は偶然晶を目撃してしまう。過去の記憶がよみがえり動揺を隠すことができない聖だったが、晶は聖の存在に気づくことはなかった。

 一方、勝太郎は大阪を離れて東京本社で働いていた。聖とのことを忘れようと仕事に専念していたが、新しい部長として原口(吉田羊)が赴任してくる。そして、それぞれの新天地で、再び4人の人生は交錯し始めていく。

「聖が勤めることになった小学校は、千鶴の勤務先。『先生の千鶴さんが楽しみ』『聖ちゃんを支えてあげてほしい』などの声も上がっており、千鶴の活躍が期待されています」(同)

 晶との関係は間違いだったと認めた聖。18歳になった晶と出会う時、物語はどう動いていくのだろうか。

友近“幽霊説”もあったけど、めちゃめちゃ普通の人間だった

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「正しいこと言うのが友近しかいない」『中学聖日記』5話、有村架純を叱るセリフに共感の声のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報視聴率女性芸能人のニュースならサイゾーウーマンへ!