仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

江角マキコ“不倫疑惑スキャンダル”を通して露見した、女性が羨む“自然体”の落とし穴

 例えば、江角は『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で「三食全て手作り」であることを明かしていたが、仕事を持つ“忙しい”江角が、料理という“誰もができることに、ひと手間かける”を実践し、さらには、子どもを名門小学校に合格させたという“業績”があるからこそ、“自然体”として祭り上げられるのである。

 時間に余裕のある、もしくは、経済的な余裕がない主婦が三食手作りしたとしても、「当たり前」として受け止められる。多忙で経済的余裕のある主婦が仮にそうしたとしても、子どもが名門校に入るなどの実績がなければ、それは単なる“料理好きのお母さん”でしかない。実績を残しても、「忙しいので、食事は全部、実母(もしくは外注)頼みです」では、女性はあこがれてくれない。自虐や節約ネタを持ち込まず、かといって裕福さを見せびらかすこともなく、どこに出しても恥ずかしくない結果を出しながら、女性から「芸能人なのに三食手作りなんて、堅実で信頼できる。私と一緒」と共感されるのが、好まれる“自然体”なのである。

 江角は、女性の好む“自然体”の座からは滑り落ちてしまったが、私には今の江角が、今までで一番“自然体”に見える。マネジャーが自発的に落書きをしたという江角の言い訳は、苦しいものがあると私は思っている。犯罪は許されないが、子育てやママ友つきあいに行き詰るあまり、相手をギャフンといわせたいと頭の中で思うことは、“自然体”ではないだろうか。

 「女性自身」によると、夫の平野眞氏は、江角が落書きをしたのかどうか問い詰めたそうだが、江角がどれくらい追い詰められていたかを把握していないことに、夫婦間のコミュニケーション不足を感じる。さらに平野氏は、同誌の取材に対し、「相手の男のことは知っていますよ」と回答していたが、妻がどんな気持ちで子育てしていたかは知っていたのだろうか。

 ちなみに、不倫相手は江角を問いただすことはなく、「江角を守る」と言ったそうだが、孤独に陥り、追い込まれた時に甘い言葉をささやかれたら、善悪は別として、不倫関係に陥ったり、金を出すのも“自然体”であると思う。

 江角が引退することで空いた“自然体”のママ枠に座ったタレントが、江角と同じく“多忙”と“手作り”と“実績”をウリにするならば、そのタレントも江角と同じく不倫などのスキャンダルに巻き込まれる可能性がある。なぜなら“多忙”にもかかわらず、“手作り”を重んじて、“実績”を生む“自然体”と呼ばれる妻は、「自分1人で全て背負い、孤独になる妻」と紙一重なのだから。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)、最新刊は『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。
ブログ「もさ子の女たるもの

なぜ面白オバちゃんになれなかったのか……

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

江角マキコ“不倫疑惑スキャンダル”を通して露見した、女性が羨む“自然体”の落とし穴のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女のためのテレビ深読み週報江角マキコのニュースならサイゾーウーマンへ!