仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

オードリー・若林正恭、オリラジ・藤森への不快感に見る「意固地な上下関係」意識

 

wakabayashi0111
すっかり売れっ子になったオードリー若林

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「面倒くさいよな、あいつって」若林正恭
『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送、1月7日)

 テレビを見ていると、「この人、気難しいんだろうな」と思わされる芸能人が時々いるが、私から見て、ずば抜けて気難しそうなのが、お笑い芸人・オードリーの若林正恭である。

 2008年の「M‐1グランプリ」2位受賞を皮切りに、オードリーは快進撃を続けている。ツッコミの若林は、16年の『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)で初優勝したほか、映画『ひまわりと子犬の七日間』で第37回日本アカデミー賞話題賞を受賞、また『社会人大学 人見知り学部卒業見込み』(KADOKAWA)を上梓するなど、お笑いにとどまらず幅広い分野で活躍している。そんな若林は、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、「人見知り芸人」「女の子苦手芸人」「マイナス思考芸人」の回に出演するなど、テレビでは、非リア充のキャラで通している。

 しかし、『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)を聞いていると、気弱な非リア充どころか、独特の扱いづらさに気付く。1月7日放送回で、若林は後輩芸人・オリエンタルラジオの藤森慎吾が疎ましくなった出来事について語っていた。

 藤森の「グイグイ来てくれる感じが好き」と思って親しくしていた若林だが、収録の本番前に、若林が高級車・ランドクルーザーに乗っていることについて、「若林さんが、ああやってデカい車に乗ってるのダサいっす」といじってきたという。藤森は「若林さんはプリウスとか、そういうのでいいんすよ」と言っていたそうで、若林は「俺はいいのよ、ランドクルーザーに乗って笑われるのは。ちんまいし(小さいし)、俺みたいな地味なキャラがデカい車乗って」とその指摘に理解を示しつつも、「本番前に、藤森みたいなもんに受け身取るフリしたくない」と不快感をあらわにしていた。相方の春日俊彰が、「本番前のタイミングだから、面倒に感じたのでは?」と尋ねたが、若林は「本番後に同じことを言われても面倒くさい」と答えていたので、よっぽどカチンと来たのだろう。

 この愛車についてのエピソードは、15年5月放送『アメトーーク!』の「マイナス思考芸人」でも披露している。

 車が好きで念願のランドクルーザーを手に入れた若林だが、「売れない頃からつきあいのあるスタッフに、『昔はオーディションに原付で来ていたのに、偉くなったもんだ』と思われたくないから、バレないように駐車場の柱から柱へ、そそくさと移動している」と話して笑いを誘っていた。

「平成の小林多喜二」が面倒くさくないはずなかった

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

オードリー・若林正恭、オリラジ・藤森への不快感に見る「意固地な上下関係」意識のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女のためのテレビ深読み週報のニュースならサイゾーウーマンへ!