[ジャニーズ・メディアの裏側]

SMAP・木村拓哉、潜在視聴率が「2ケタから5%」に!? 解散騒動でイメージ大暴落

kimurablack.jpg
あの木村拓哉がたったの5%!?

 SMAP解散騒動において、唯一独立に反対し、ジャニーズ残留を決めたとして、“裏切り者”の汚名を着せられることとなった木村拓哉。ジャニーズに忠誠心を示したことで、今後の事務所内での厚待遇は約束されたも同然だが、業界内では、木村の商品価値に、ある異変が起こっているようだ。

「テレビ局が、タレントをキャスティングする際の参考データとなる“潜在視聴率”が、大幅に下がってしまったんです。このデータは、テレビ局と広告代理店が作成しているもので、キャスティングやギャラの目安、視聴率目標を設定するなど、企画書を作る際に必要となるもの。門外不出の資料ですが、2013年の『FLASH』(光文社)がスッパ抜き、当時は7月期のドラマ『半沢直樹』(TBS系)が大ヒットしたこともあって、11月時点での男優潜在視聴率は13.2%の堺雅人がトップ。そして、この時ジャニーズの中で唯一トップ10入りしていたのが木村。10.9%で第9位にランクインしていました」(芸能プロ関係者)

 同ランキングで、30位以内にランクインしたジャニーズ勢は、木村と11位の嵐・松本潤(10.3%)のみというだけに、この頃の木村はSMAP、そしてジャニーズの中でもダントツで“数字が取れる”存在だったということがわかる。

「ところが、今年1月にSMAPの分裂騒動が明るみになり、ついに8月に解散が発表されると、2ケタが当然だった木村の潜在視聴率が、5%台にまで低下してしまったんです。ここ最近、ドラマなどピンの仕事もなかっただけに、数値変動は好感度ダウンによる影響でしょう。ジャニーズは“木村=悪者”のイメージをかき消そうと必死ですが、それすらも視聴者の目には、『事務所に守られている』としか映らない。解散騒動の元凶はジャニーズ事務所だと訴え、誰がどうこうではなくメンバー全員を応援しているSMAPファンにとっては、心苦しい状況でしょうが、データ上での木村のタレント価値は大暴落。この状況から、ジャニーズNo.1の高視聴率アイドルに返り咲くのは、相当厳しい道のりだと思います」(同)

 来年1月には、TBSで久々の連ドラ主演が決定している木村。果たしてこの潜在数値を覆すことはできるのだろうか?

大丈夫、マッチの5倍はたぶんあるから!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!