田房永子氏×斉藤章佳氏対談(前編)

痴漢はペニスだけの問題ではない 誤解している加害者の実態

saitoakiyoshi1_mini.jpg
精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏

「痴漢をする人にとって、その行為は“生きがい”です」

 対談は、精神保健福祉士・社会福祉士である斉藤章佳氏の一言から始まった。氏は、東京・榎本クリニックで10年前から、日本で初めて「地域トリートメント(社会内処遇)」という枠組みで、性犯罪加害者が二度と女性に加害行為をしないための再犯防止プログラムに注力しているが、その中で最も多いのが痴漢加害者である。

「生きがい、ですか!? ほんっと腹が立ちますね。でも、それが彼らにとっての答えなんですね」

と答えるのは、漫画家・ライターの田房永子氏。10代のとき頻繁に痴漢に遭った経験をもとに、2014年にコラム「どぶろっくと痴漢の関係」を発表。その中で、痴漢の行動原理は「膜の中のストーリー」にあると指摘した。

 痴漢加害者にとっては、自分が相手に加害を加えているというよりも、自分の世界(自分の半径1メートルを覆う膜のようなもの)の中に「女の子が入ってきた」という感覚を持っている。はたから見ると加害者のほうから女性に近寄っている状態であっても、本人は「女性のほうから自分に近寄ってきた」と感じ、ゆえに、彼らはその女性を自分が何をしてもいい“もの”のような存在だという考えを持っている、本人からすれば“膜”の中に矛盾はない……という解釈で、斉藤氏はこれを読み、臨床的にも大変意義深いものだと感銘を受けたという。

 そんな両氏の対談により「痴漢加害者の実態」に迫る。

■痴漢は、性欲、レジャー感、イジメ、ギャンブル性などが備わった複合的快楽

斉藤章佳氏(以下、斉藤) 私たちは再犯防止プログラムの一環で、痴漢加害者に自分がなぜ痴漢という性犯罪をするのかをしっかり考えてもらいます。「痴漢行為を手放すことで失ったものは?」と問いかけたときに、多くの加害者がうなずいた回答が“生きがい”でした。それ自体、許しがたいことですが、腑に落ちる部分もあります。

 彼らはそのことを一日中、いろんなところで考えています。そのために準備をし、捕まるかもしれないという圧倒的なスリルとリスクの中で実行する……膨大なエネルギーをそこに費やします。これを繰り返すのは、何らかのメリットがあるからです。それを端的に言い表すと、「生きがい」になるのだろう、と。

田房永子氏(以下、田房) 私は、自分が思い至った「膜の中のストーリー」という感覚が正しいものなのか知りたくて、痴漢の気持ちになりきって埼京線・赤羽駅のホームに立って、電車を待つ乗客たちを眺めたことがあります(「痴漢目線の体感」)。そのとき、痴漢というのは「性欲」だけではなく「釣り的レジャー感」と「反撃してこない相手に好き勝手するイジメ」と「ギャンブル性」と、そしてネットでは仲間に報告したりできますから「チキンレース性」も備わった複合的快楽による犯罪なんだと気づき、愕然としました。だから、「生きがい」という言葉につながると想像することはできます。

■性犯罪加害者は、責任性を追及すればするほど引っ込んでいく

――彼らは“膜”の中で、そんなに充実した時間を過ごしているのですね。被害者をこれ以上増やさないよう、その膜を破ることはできないのでしょうか?

田房 膜が破れる瞬間っていうのは、警察に逮捕されるとか拘置所に入れられるとか、そういう外側からのアクションが必要になりますよね。

斉藤 そこは、難しいところです。逮捕されない限り、彼らは痴漢をやめません。行動変容しないんです。私たちのクリニックに通う加害者の多くは、「逮捕されなければずっと続けていた」と言います。でも、さらにタチが悪い加害者は「たまたま逮捕されただけ」と解釈するのです。そのときに膜が多少破られても、あとから自分に都合のいいストーリーを作って、そこを補強するだけ。そして、次の問題行動への活路を自分で開くためのストーリーを再生産します。

田房 釣りでいうと、危険区域に入って捕まっちゃった……とか、その程度の認識なのでしょうね。痴漢自体を悪いことだとは思っていない。

斉藤 その通りです。必ずしも逮捕や実刑が彼らの膜の中のストーリー、もしくは「認知の歪み」といわれるものを修正するきっかけになるわけではない。認知の歪みとは、彼らにとって都合のいい認知の枠組みのことをいいます。逮捕され、刑期を終えて私たちのクリニックに来る加害者男性たちでも、本人の内面を変容するには3~5年はかかります。

 また、性犯罪加害者には「責任性を追及すればするほど引っ込んでいく」という特徴があって、反省を促して行動変容を迫るほど、膜がより強固になってしまうんです。外からそれを破れないなら、彼ら自身に膜の中の矛盾に気づかせ、葛藤を起こして、内側から膜を崩壊させるしかないと考えています。

――それがうまくいかないと、逮捕されたところで、また再犯を重ねるだけ……。

斉藤 はい。なので、まずは性的逸脱行動が再発しないためのスキルを身につけてもらいます。彼らは痴漢を何百回、何千回と繰り返していますから、必ずその行動はパターン化されています。その悪循環のパターンに陥らないようにしたり、危なくなったときに誰かに電話したり、その時々でどう対処するかを自分で決めます。これを再発防止に焦点を置いた「認知行動療法」といいます。もう7~8年も通院している男性もいますよ。人によっては、これに薬物療法を組み合わせます。

まず敵を知ること

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー