"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第323回】

美智子さまと陛下の動向から護憲を訴える、「女性自身」の“骨太記事”

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

jisin-01726.jpg
「女性自身」7月26日号

 俳優・石田純一が都知事選への出馬の意向を示し、そして断念したことは本当に勇気ある行動だったと思う。身を呈して改憲阻止と野党共闘の意義を訴えた形の石田だが、にもかかわらず本日放映の『おはよう朝日です』(朝日放送)には水曜コメンテーターとして登場するはずの石田の姿はなかった。もちろん一連の出馬のために出演を“自粛”させられたのだ。意味がわからない。そもそも出馬を断念した石田に“自粛”する必要などこれっぽっちもあるはずがない。“お上”の意向を忖度し、事なかれ主義に走るメディアの弱腰姿勢には、本当にうんざりだ。

第324回(7/7~12発売号より)
1位「美智子さま 陛下との『平和への祈り』に込められた改憲への『無言の抵抗』」(「女性自身」7月26日号)
2位「二宮和也を離さない! 野心の35才美人女子アナと真剣愛」(「女性セブン」7月21日号)
3位「石田純一 『深夜の“公約”宣言30分! 『新宿の公園に屋台村を! 僕が楽しい東京を作る!』」(「女性自身」7月26日号)

 ここ最近の「自身」の社会派記事には目を見張るものがあるが、今回のトップ記事もやってくれました! 参院選に合わせて、美智子さまの「改憲への『無言の抵抗』」という骨太の特集だ。

「そもそも現行憲法は、日本人が時間をかけて審議し、昭和天皇が『日本は大改革をしなくてはならない』と、自らのお覚悟によって作られた平和憲法なのです。
 そんな昭和天皇のお気持ちを知る陛下と美智子さまは、日本国憲法を守り、象徴天皇制を続けることこそが、世界平和への貢献となり、日本の安全保障に役立つのだと確信されているのです」(天皇陛下のご学友でジャーナリストの橋本明氏のコメント)

 日本国憲法と平和を愛し、守られようとする陛下と美智子さま。さらに、皇室ジャーナリストの松崎敏弥氏のコメントも強烈だ。

「戦後50年を機に、両陛下は“慰霊の旅”を始められました。両陛下は、今後もそれを続けることで、国民に『平和への祈り』を伝えていくのでしょう。それは、改憲に対する“無言の抵抗”と言っていいでしょう」

 陛下と美智子さまのエピソードから護憲を訴える。しかも“無言の抵抗”という強い言葉で。これを参院選直後の発売号でトップ記事として掲載した「自身」はなんと確信的なのだろう。

 確かに、両陛下はこれまでも、日本国憲法の理念である平和と民主主義の大切さを語ってきた。例えば2013年の天皇誕生日に際した記者会見で、陛下はこう発言している。

純一の発想が遊び人要素潤沢ぎて……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー