"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第323回】

美智子さまと陛下の動向から護憲を訴える、「女性自身」の“骨太記事”

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

jisin-01726.jpg
「女性自身」7月26日号

 俳優・石田純一が都知事選への出馬の意向を示し、そして断念したことは本当に勇気ある行動だったと思う。身を呈して改憲阻止と野党共闘の意義を訴えた形の石田だが、にもかかわらず本日放映の『おはよう朝日です』(朝日放送)には水曜コメンテーターとして登場するはずの石田の姿はなかった。もちろん一連の出馬のために出演を“自粛”させられたのだ。意味がわからない。そもそも出馬を断念した石田に“自粛”する必要などこれっぽっちもあるはずがない。“お上”の意向を忖度し、事なかれ主義に走るメディアの弱腰姿勢には、本当にうんざりだ。

第324回(7/7~12発売号より)
1位「美智子さま 陛下との『平和への祈り』に込められた改憲への『無言の抵抗』」(「女性自身」7月26日号)
2位「二宮和也を離さない! 野心の35才美人女子アナと真剣愛」(「女性セブン」7月21日号)
3位「石田純一 『深夜の“公約”宣言30分! 『新宿の公園に屋台村を! 僕が楽しい東京を作る!』」(「女性自身」7月26日号)

 ここ最近の「自身」の社会派記事には目を見張るものがあるが、今回のトップ記事もやってくれました! 参院選に合わせて、美智子さまの「改憲への『無言の抵抗』」という骨太の特集だ。

「そもそも現行憲法は、日本人が時間をかけて審議し、昭和天皇が『日本は大改革をしなくてはならない』と、自らのお覚悟によって作られた平和憲法なのです。
 そんな昭和天皇のお気持ちを知る陛下と美智子さまは、日本国憲法を守り、象徴天皇制を続けることこそが、世界平和への貢献となり、日本の安全保障に役立つのだと確信されているのです」(天皇陛下のご学友でジャーナリストの橋本明氏のコメント)

 日本国憲法と平和を愛し、守られようとする陛下と美智子さま。さらに、皇室ジャーナリストの松崎敏弥氏のコメントも強烈だ。

「戦後50年を機に、両陛下は“慰霊の旅”を始められました。両陛下は、今後もそれを続けることで、国民に『平和への祈り』を伝えていくのでしょう。それは、改憲に対する“無言の抵抗”と言っていいでしょう」

 陛下と美智子さまのエピソードから護憲を訴える。しかも“無言の抵抗”という強い言葉で。これを参院選直後の発売号でトップ記事として掲載した「自身」はなんと確信的なのだろう。

 確かに、両陛下はこれまでも、日本国憲法の理念である平和と民主主義の大切さを語ってきた。例えば2013年の天皇誕生日に際した記者会見で、陛下はこう発言している。

純一の発想が遊び人要素潤沢ぎて……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 『カウコン』意外な舞台裏
  8. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  9. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  10. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  19. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー