【連載】美容整形Dr.高須幹弥に訊く!

AKB48選抜総選挙直前!! 美容整形Dr.高須幹弥が選ぶ“顔だけ神7”はこの子!

miyawakisakura_17.jpg
『宮脇咲良ファースト写真集 さくら』(集英社)

【第15回】「高須センセイ、AKB48選抜総選挙の“顔だけで選ぶ神7”を教えて!」
次期シングルの選抜メンバーを決めるファン投票イベント「AKB48選抜総選挙」。8回目となる今年は、272名の立候補生を迎えて6月18日に開催予定。「AKBはもうオワコン」などと言っても、ひそかに総選挙だけは気になって見てしまう人は少なくないのでは? すでに初回開票速報も発表され、にわかに盛り上がりつつある総選挙だけど、純粋に“顔だけ”で選んだら、神7はどんな顔ぶれになるんだろう? 高須クリニック名古屋院・院長の高須幹弥先生、プロの目線で“顔面偏差値がズバ抜けて高い”神7を選んでください!

■プロが選ぶビジュアル良しの選抜メンバーは……?
 スタイルやキャラクターは完全に無視して“顔だけ”で選ぶとすると、神7は、AKB48・向井地美音さん、HKT48・宮脇咲良さん、NMB48・白間美瑠さん、SKE48・青木詩織さん・AKB48・加藤玲奈さん、AKB48・島崎遥香さん、SKE48・菅原茉耶さんの7名ですね。

 まず向井地さんは、丸顔で童顔な上、目と口が大きいので、小動物っぽい可愛らしさがあります。48グループはオタクが好むちんちくりんでロリっぽい子が多いのですが、向井地さんは象徴ともいえるような、典型的なタイプですね。

 宮脇さんは全体的に整った顔立ちをしています。目が大きく、笑顔と若さの象徴である涙袋が膨らんでいることで愛らしい印象も持ち合わせているので、男性からも女性からも好かれる顔といえるでしょう。ビジュアルだけなら全メンバーの中でトップなんじゃないかな。僕のところへ整形に来られる患者さんにも、宮脇さんの顔を希望する人は結構いますよ。

 ただ、「整っている」という点では、実は白間さんが1番なんですよね。整いすぎていて、挙げる欠点がないくらい。でも、特徴もないんですよ。特徴的なパーツとか欠点とか、チャームポイントになるところが1つでもあると、相手の記憶に残りやすいのですが、白間さんは整ったキレイな顔立ちの半面、欠点も特徴的な部分もないので、印象に残りづらく、覚えてもらいにくい顔だと思います。強いて言えばそれが欠点かな(笑)。

 「顔だけ」ということなので、青木さんも神7に入れたいですね。目は大きくて開きも良くて、キレイな末広型二重だし、程よく鼻筋も通っていて、パーツの位置関係も悪くないので、ほぼ完ぺきな、レベルの高い顔立ちです。

 ただ、輪郭は“卵を立てた状態”のような、ぽっちゃりとした下膨れタイプ。一般的にいいと言われる「卵型」の輪郭は、アゴのとがった“卵を逆さまにした状態”なのですが、青木さんは逆ですよね。でも、下膨れタイプの卵型は安定感があって、安心感を与えてくれます。

Dr.高須を魅了するなんて……宮脇咲良、恐ろしい子!!!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  14. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. ムショ飯はうまいのか?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!