"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第314回】

篠原涼子&江口洋介の“深夜の密会”報道、不倫の匂いは皆無で「カッコいい」だけのワケ

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

jyoseiseven0502.jpg
「女性セブン」5月12・19日合併号

 今年ももうゴールデンウイーク。お正月早々、ベッキー騒動を皮切りに数多くの著名人が不倫騒動を巻き起こした上半期だった。同時に注目されたのが「週刊文春」(文藝春秋)の快進撃だ。下半期も「文春」の一人勝ち状態は続くのか!? 他週刊誌もそれに触発され健闘すれば、斜陽産業の週刊誌業界も少しは活気づくのでは、と期待したい。

第314回(4/28発売号より)
1位「篠原涼子 江口洋介 危うい深夜の逃避行」(「女性セブン」5月12・19日合併号)
2位「真木よう子は歌舞伎町の女王」(「女性セブン」5月12・19日合併号)
3位「おかしいぞ日本 震災支援バッシング! 日本人の寛容と匿名」(「女性セブン」5月12・19日合併号)
※ゴールデンウイークのため「女性セブン」のみ

 「女性セブン」のトップに驚くべきタイトルが躍った。

 篠原涼子と江口洋介が逃避行、って不倫か!? もしそれが本当なら、日本を代表する脂の乗った40代の俳優同士、しかも双方既婚のダブル不倫劇という超ド級のスクープだ。

 記事によれば、篠原と江口が“密会”していたのは都内の有名焼肉店。そこで食事とかなりの酒を飲んだ2人は、深夜12時過ぎ、別のレストランの完全個室で隣同士に並んで密着し、さらに酒を(かなり)飲み、深夜2時まで大盛り上がりしたという。で、次はどこに? そんな期待を抱かざるを得ないものだが、しかし、結論からいえば、それだけだ。記事を読む限り2人の関係は不倫ではないし、その確証などまったくない。2人で大酒を飲んで盛り上がった。それだけだ。それどころかこの特集記事には、特に目新しくもない篠原の家族に対する献身ぶりや、江口・森高千里夫妻のラブラブぶりをクローズアップして2頁半に及び引き延ばしに延ばした。

 おそらく篠原と江口が2人で会っているとの情報で張り込みを開始したが、しかし2人は飲むわ飲むわで大盛り上がりした挙げ句、すんなりお互いの家族の元に帰ってしまったのだろう。

 しかし「セブン」としてはこれは困った事態だった。せっかく長時間張り込んだのに、しかもゴールデンウイーク合併号なのにネタがない。だから仕方ななく記事にするしかなかった。そんな編集部の苦悩と無理矢理感が満載な記事。

篠原に二日酔い対策を学びたい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク