ブームから定番に! グリーンスムージーが女心を掴んだ秘密とは?

smooth.jpg

 レディーガガをはじめとする海外セレブが愛飲していることから、日本でもブームとなったグリーンスムージー。ダイエット効果があるのはもちろん、日常生活で不足しがちな栄養が補給できるとして、女性にウケていますよね。某大手レシピサイトには1,000件以上のオリジナルグリーンスムージーレシピが投稿され、都内では専門のジュースバーが人気になっているんだとか。もはや、一時のブームでは終わらず、女性の“定番”ドリンクになったグリーンスムージーですが、なぜここまで女心を掴んだのか? あらためて見てみましょう!

 見た目はなんだかジジババが飲む青汁のような、グルーンスムージー。苦そうなビジュアルなのに、フルーツが入っているから飲みやすくてフルーティー、しかも使う野菜とフルーツの組み合わせで味のバリエーションもどんどん広がっていくのが、まさに女性好み! 野菜やフルーツから酵素を摂取することで、新陳代謝がアップしてダイエットにも使えるし、ビタミンやミネラルも補えて美肌も期待できちゃいます。もちろん、便秘や腸内環境を改善する食物繊維も豊富なんだとか。そこに加えて、セレブが飲んでいる姿も「かっこいい!」と女のミーハー心を刺激している模様です。

 しかし、このスムージー。いざ作ろうとなると、いろいろとルールがあるんです。フルーツと緑の葉野菜、水以外は使わないこと、でんぷん質の野菜と豆はNG、生の物を使うこと、常温で飲む……などなど。なにより、そもそもミキサーすら持ってない女性も多いはず! そんな女性でも手軽に自宅でグリーンスムージーを楽しめるのが「グリーンベリースムージーダイエット」なんだとか。

 パウダーを水に溶かすだけで完成するのに、100種類以上の野菜やフルーツが入っている「グリーンベリースムージーダイエット」。ベリー味で飲みやすい上、配合されたサイリウムやグルコマンナンのお陰で腹持ちも◎なんだそう。しかも、コップ1杯でバケツ1杯分の野菜の酵素が摂れるというから驚きです。ダイエット以外でも栄養補給で飲むのもアリですね。

 すでに女性誌でも取り上げられて話題になっている「グリーンベリースムージーダイエット」は、専用シェーカーが付いて2,700円(税抜き)。1袋15日分だから、1カ月分をまとめて買うのもいいかもしれませんね。

グリーンベリースムージーダイエット

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

ブームから定番に! グリーンスムージーが女心を掴んだ秘密とは?のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  2. 神格化に疑問を感じる大物芸人は?
  3. 消えたタレント料理人たちは今
  4. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  5. デブのおばさん人気風俗嬢になったわけ
  6. イソフラボン配合はまやかし?
  7. プウ美ねえさん流体重キープ術
  8. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  9. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  10. 渡辺麻友の発言が報道NGのドタバタ劇
  11. 「演技うまくなった」と好評の大根役者
  12. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  13. 土屋太鳳、ぶりっ子暴露で炎上
  14. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  15. 平愛梨&祐奈、姉妹揃ってアンチ急増
  16. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  17. 消えた女芸人・アジアン隅田美保は今
  18. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  19. NEWS・小山、ツーショット写真流出
  20. 1日5回セックスしたい彼女と、4月しかヤりたくならない年下彼氏の性欲格差カップル

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  2. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  3. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  4. NEWS・小山、ツーショット写真流出
  5. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  4. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  5. 毒母問題の一因は、母を崇高化すること

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. G・パルトローのサイトでセックス特集
  4. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  5. キム、パリの強盗被害を生々しく語る