[連載]安彦麻理絵のブスと女と人生と

ブス本界に燦然と輝く、ドリフ「もしもコント」風味の“なったつもり”ダイエットの底力

abikomarie20140323.jpg
(C)安彦麻理絵

 「ビューティライフスタイリスト」という少々謎な肩書きを持つ、神崎恵さんの本が、なんだかすごい。書店の、女性向けモテ指南本コーナーで、きっと皆さんも一度は目にした事があるのではないだろうか? 『読むだけで思わず二度見される美人になれる』……あからさますぎるタイトルに思わず、二度見どころか、しばらくの間、表紙をガン見してしまった私である。ほかにも『いるだけでどうしようもなく心を奪う女になる』だの『会うたびに あれっ、また可愛くなった?と言わせる』など、自称ブス本ハンターの私のハートを鷲掴みするようなタイトルがズラリ。なかでも、思わず唸らされたタイトルが『すれ違いざまに恋に落とす』……すれ違いざまに財布を抜き取る、とかではなく、すれ違いざまに恋に落とす、のである。書店で、爆笑しそうになりながらも「……負けたわ!!!」という敗北感を感じたのは、これが初めてかもしれない。女性向けモテ指南本の「極み」みたいなタイトルである。

 そして、近日発売予定らしい本もまた、期待を裏切らないタイトルであった。なにしろ『あのコの可愛さは普通じゃないと噂される女になる』ときた。最近の私は、書店に行くたびに、神崎さんの本の表紙をじっくりとガン見する。そして「ああ、なんて秀逸なタイトルだろう……」と、味わい深いコーヒーを飲んでるような気分に浸るのである……しかし。そこまでしておいて実は私、彼女の本を今まで一度も「立ち読み」したことがないのである……なぜなら。「……恥ずかしいから」。その一言につきる。今まで、数々のブス本に手を染めた私が、「恥ずかしくて立ち読みできない」って、よっぽどな本である。ブス本界の女王……クイーン・オブ・ブス本。作者からすれば、まったくありがたくない称号かもしれないが、しかし私は、激しいリスペクトと共に、こう呼ばせて頂こうと思う。今後の神崎さんの本(の、タイトル)に、さらなる期待を込めて。

 ところでブス本といえば、最近私が非常に感銘を受けた本がある。わたなべぽんさんのエッセイコミック『スリム美人の生活習慣を真似したら1年間で30キロ痩せました』という本なのだが……ブス本界では最近、こういう長文のタイトルが大流行なのだろうか? とにかく、内容はそのままズバリ「スリム美人になったつもり!! で生活してたら、95キロから30キロ痩せた」という、わたなべさんの1年間の奮闘記である。「なんだかまた新手のダイエット法が出てきたな」というのが、書店で見た時の最初の印象。ダイエットに振り回される人生なんてもうコリゴリだったから、いくら平積みになっていても、立ち読みする気にもならなかった……が、しかし。そんなふうだった私がどうしてこの本を買うに至ったかというと、キッカケはうちで飼ってる「柴犬」、である。

イメトレってやつかな?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. 『カウコン』意外な舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー