[最新洋画GOSSIPハイライト]

『ウォルト・ディズニーの約束』は、半年間セックスできなかったエマ・トンプソンの熱演を見ろ!

『ウォルト・ディズニーの約束』は、半年間セックスできなかったエマ・トンプソンの熱演を見ろ!

 1961年、娘と愛読書『メリー・ポピンズ』を映画化すると約束したウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は、原作者パメラ・L・トラヴァース(エマ・トンプソン)と待望の交渉を始めるのだが、気難しい彼女はダメ出しばかりでうまくいかない。「イッツ・ア・スモールワールド」のテーマソングなどを手がけてきた、ディズニーが誇る作曲家のリチャード・シャーマン(ジェイソン・シュワルツマン)とロバート・シャーマン(B・J・ノヴァク)兄弟が自信を持って作った曲にも顔をしかめ、周りを困惑させる。ディズニーの運転手ラルフ(ポール・ジアマッティ)には少しずつ心を開くようになるものの、映画化に向けての話はスムーズには進まない。  なぜ、彼女はこんなにも頑固なのか。その謎を解く鍵は、映画化製作秘話の合間に頻繁に登場する、少女時代のパメラの回想シーンにある。メリー・ポピンズはおばのエリー(レイチェル・グリフィス)がモデルだったこと、またパメラが父親トラヴァース・コブ(コリン・ファレル)のために作品を守ろうとしていることを知ったウォルトは、映画化実現の最後のチャンスをかけて、彼女とある約束をする。 ...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『ウォルト・ディズニーの約束』は、半年間セックスできなかったエマ・トンプソンの熱演を見ろ!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 最新洋画GOSSIPハイライトのニュースならサイゾーウーマンへ!