[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育て奮闘記

「一人っ子は子育てが大変」元ヤリチン、ビッグダディに子育ての流儀を聞く!

kosodate145.jpg
(C)倉田真由美

 先日、某スポーツ新聞の記者から「明日ビッグダディと飲むけど来ませんか?」というメールが来ました。マジか? スケジュールを確認してみると、スーパーマンの新作映画『マン・オブ・スティール』の完成披露試写会の予定が入ってましたが、こんなチャンスは滅多にないだろうと思い、めちゃめちゃ見たかった『スーパーマン』をキャンセルして速攻で「ぜひ! 行きます!」と返信しましたよ。『痛快!ビッグダディ』(テレビ朝日系)シリーズは妻くらたまも好きでほぼ全部見ています。4月に放送された、前妻・美奈子さんとの4時間にもわたる離婚スペシャルも見ましたよ。この機会にぜひ、ビッグダディ流子育て論を聞いてみようと、参加してきました。

 赤坂の居酒屋に着くと、マスコミ関係者が10人ほど来てて、すでに盛り上がってるじゃないですか! 何人かがダディの著書を持ってきてサインをもらったり、写真を撮ったりしてましたね。オレは運よくビッグダディの正面に座ることができました。ま、オレもすかさず写真を撮らせてもらって、速攻でFacebookにアップしたけどね。ダディに「はじめまして。叶井と申します」と名刺を渡したら、ダディが営む接骨院の割引券をもらった! 一度復縁説が報道されたものの、美奈子さんが即座に否定し、微妙な関係になっていると報道されたビッグダディと美奈子さん。オレが早速「美奈子さんとはマジで連絡取ってないんですか?」と聞くと、「そう。これはマジです。携帯も知らないし、子どもたちとも連絡の取りようがない状態です」とガチで絶縁状態ということが発覚。

 オレの隣に某女性週刊誌の記者がいて、彼女いわく「今マスコミは、ビッグダディ派か美奈子派かに分かれているんです」とのこと。確かにここ最近、週刊誌「フライデー」(講談社)では毎週のように美奈子さんを取り上げている。なるほど、そういうことだったのか! でもダディは美奈子さんのことを怒ってるわけではなさそうだったから、美奈子さんの方が怒ってるのかね? まあ、円満離婚なんてないから揉めるのは仕方ないかも。

 この飲み会に来てるマスコミの人たちも必ずしも、ダディ派というわけでもないみたいです。オレの隣にいた某女性週刊誌の記者はダディに「あの時はすみませんでした」としきりに謝ってたので、事情を聞いてみると、「うちの別の記者がビッグダディの印象を悪くするような記事を書いてしまって……」というわけらしい。それでもダディは「いやいや、オレは気にしてないから」とさすがダディ、大人です!

 さらにオレはダディの正面に座った特権を生かし、質問しまくり! 

「これだけ有名になったらプライベートはないですよね?」
「そうなんだよ。今、盛岡に住んでるんだけど、ここは地元で、外を歩いてると毎日見知らぬ人に声かけられるんです」
「なるほど。それはそうですよね」
「この前もいきなり、『おう! お前、林下か!』と呼び捨てで声かけてきた男がいて、『なんなんだ、てめえは?』とブチ切れたら中学時代の先輩でした……」

 とか。ほかにもかなり突っ込んだ話や下ネタの話をしました。ぶっちゃけ、このコラムでも書けない話ばかり。ビッグダディの話はマジで爆笑でしたね。で、肝心の子育てについてですが、「10人以上の子どもを育てるのは大変でした?」と聞くと、「いや、オレはそもそも11人兄妹なんでね」。えぇ~? 11人兄妹? マジすか、知らなかった! しかも一番下と上では20歳も歳が離れてるというじゃないですか。もともと多産な家系だったってことですかね。

 オレが「うちは娘1人でですが、マジで大変なんで、とても10人以上の子どもなんてどうやって育てればいいのか、まったく想像つかないです」と言うと、「子どもが3人までは親がかわいがってしまうんですよ。なんとか頑張れば3人まではうまく育てることができる。でも4人を超えるとハッキリ言って無理です、完全にお手上げ。物理的に不可能。だからもう子どもが泣こうがわめこうが関係ない。面倒を見られないから。泣いてる子1人だけを甘やかす余裕がない。全部で18人の子どもを育てたんだから。4人目以降は、赤ん坊の時代から自立してたんじゃない?」とのこと。うーむ、なるほどなあ。18人兄妹はどんな子育てをしたらいいのか、想像つかない。ダディの「一人っ子だと甘やかしてしまうから、子育てが大変になるんです」という言葉はマジで教訓にします!

 飲んでる最中に、ダディが「骨の矯正でダイエットできる」と言うので、一緒に連れていったうちの女性スタッフが試しに矯正してもらったら、マジで5分で小顔になったのには驚愕! 本業もまさにビッグダディな林下さん、また東京に来る時はぜひ飲みましょう!

精力強めの男同士の共感があったらしいッス

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー