不健康なダイエットが原因か?

激やせのケリー・オズボーン、番組収録中に痙攣を起こし入院!

KellyOsbourne02.jpg
ワキ肉と二の腕を見る限り、ケリーはまだまだワタスたちの仲間☆

 ハリウッドの若きご意見番として人気のケリー・オズボーンが7日、レギュラー出演しているテレビ番組『ファッション・ポリス』収録中に床に倒れ込んで痙攣発作を起こし、病院に救急搬送された。ケリーが発作を起こしたのは今回が初めてだと発表されているが、激やせしてからというもの体が弱くなっているイメージが強く、心配する声が上がっている。

 カリスマ的ロッカーのオジー・オズボーンと、レコード会社の社長令嬢で敏腕マネージャー/音楽プロデューサーであるシャロン・オズボーンを両親に持つ二世セレブのケリーは、13歳の頃から鎮痛剤バイコディン依存症に陥り、繰り返しリハビリした経験を持つ。2009年に受けた約1カ月間の入院治療で薬物依存症を完全に克服した彼女は、30キロ近い減量にも成功し、ファッション紙の表紙を飾るように。10年からスタートした、セレブのファッションをぶった斬る『ファッション・ポリス』には、コメンテーターとしてレギュラー出演。毒舌と美容整形で知られる79歳のコメディエンヌのジョアン・リバース、ファッション・コンサルタントで雑誌編集者のジョージ・コツィオポロスらと共に、セレブのファッションセンスをネタにキレの良いトークを繰り広げるようになった。

 米ゴシップ芸能サイト「TMZ」によると、ケリーは7日昼前、『ファッション・ポリス』撮影中に、隣に座っていたジョアンの娘メリッサに「気分が悪い」と打ち明けた直後、イスから床に滑り落ちたとのこと。彼女の体は小刻みに痙攣をしており、メリッサはとっさに、嘔吐しても気管に詰まらないよう、ケリーの顔を横に向けたという。

 幸い観客の中に医療従事者がいたため、ケリーは適切な応急処置を受け、すぐに意識を取り戻したとのこと。しかし、付き添いの者の強い希望でケリーは救急車に乗り、ロサンゼルス市内の病院に搬送され、現在も治療を受けている。ケリーはストレッチャーで救急車に乗せられる時、パパラッチ対策なのか、白いシーツで顔を含む全身を覆っており、周囲は物々しい雰囲気に包まれていた。

 ケリーサイドの発表によると、彼女はこれまで痙攣発作を起こしたことがなく、今回が初めてだとのこと。何が発作を引き起こしたのか、原因についてはまだわかっていない。深刻な状態なのではと心配されているが、スポークスマンは「意識はしっかりありますし、状態は落ち着いています。経過観察と予防措置のため、一晩入院することになっています」との声明を発表し、落ち着いているとアピール。見舞いに行ったジョアンは取材陣に対して、「大丈夫よ」と彼女にしては珍しく言葉少なにコメントしていた。

 ケリーは、一家の日常をカメラが追うリアリティ番組『オズボーンズ』で人気が出た当初、ポッチャリ体形で知られていた。しかし、09年にセレブがプロダンサーと組んで社交ダンスを競い合うコンペ番組『Dancing with the Stars』に出場したことがきっかけでやせ、翌年、婚約までしていたモデルのルーク・ウォラルに浮気されて破局し、さらに激やせ。ニコール・リッチーのように、スリムになったことでエレガントな女性へと見事イメチェンした。

 しかし、11年になると、クラブで踊っている最中にアンプに頭を強打してパックリと割り、2度気絶する騒ぎを起こし、病院で縫う治療を受けた。その後も、滞在先のホテルのベッドから落ち、左手首を骨折し「利き手だから不便。慣れないベッドだから落ちた」と弁解したが、無理なダイエットで貧血気味なのではないかと心配された。昨年夏には、飛行機で泥酔する騒ぎを起こし、「兄が患っている多発性硬化症についての記事を読んだら、ショッキングな内容で。胃がからっぽだったのにお酒を飲んじゃって、ひどく酔っちゃったの」と弁解するものの、ケリーの健康状態を危惧する声は根強い。

 しかし、ケリーは「健康的にやせた」と主張し続けており、今年に入ってからもテレビ番組『デイブレイク』とコラボし、体重に悩む女性たちに「食生活を見直し、改善すれば、楽に体重が落ちる」とダイエット法を伝授。2月に開催されたアカデミー賞授賞式では、体の線が出る美しい白のドレスを身にまとっており、やせた体でファッションを楽しんでいるように見えた。

 ゴールデン・グローブ賞、グラミー賞、アカデミー賞と、主要アワードの授賞式前には、レッドカーペットに向けて無理なダイエットするセレブが多いと伝えられている。“ファッション・ポリス”として他人のファッションをめった斬りするケリーだけに、完璧な着こなしを目指して無理なダイエットをし、体調を崩してしまったのかもしれない。また、母親は大腸がんを患った過去があり、兄は多発性硬化症であることから、何か悪い病気なのではないかと懸念する声も出ている。

 28歳と若く、歌手として成功する夢も捨ててはいないケリー。今回の痙攣発作が、大病とは無関係であるといいのだが……。

ワタスなんて腰痛でカーヴィーダンスもできない……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー