今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

『淡麗グリーンラベル』CMで大野智だけセリフが変わった謎

oh!no!satoshi.jpg
「これってヤらしいの?」

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎変えてもヤらしい
 嵐の出ている『淡麗グリーンラベル』のCM。放映当初、大野がヨガをしながら「ヨガる」とハッキリ口にしているのを見て仰天したが。しばらく経って、「みなぎる」に変更されていた。CMって、大勢の人間が関わって、何重にもいろんなチェックを受けて世に出るものだろうに、なぜ「ヨガる」が世に出てしまったのか。最初のバージョンが放映された当初は「ヨガやってんだから『ヨガる』でいいんだ。ヤらしい想像するヤツはほっとけばいい」という、嵐の健全性みたいなものをアピールするための「あえて」なのかと思ったが。放映後すぐ変更されたということは、「気付いてなかった」ということである。何つうか……みんな最近ちょっとたるんでるよなぁ。

◎中島劇場、開幕
 尋常じゃない「キテレツ」っぷりが漏れ聞こえ、にわかに大注目のオセロ中島。始まった裁判も、代理人も立てず欠席だし、顔にセロテープ貼って、「警視総監が引っ越すなと言っている」て。ちょっとしたホラーみたい。毎回包み隠さず、何かこう、肝の据わったコメントを出してくれる樹木希林というオプションもついて、注目度倍増。このまま、もし強制執行ということになれば、執行当日、朝からものすごい盛り上がりになるのは確実である。今からちょっと楽しみ。日にち決まったら、カレンダーに丸つけておこう。

◎同意しかねますが
 太平シロー死去。
 ホイットニー・ヒューストンの死とほぼ同時だったせいか、あまり大きく報道されなかったが。だが、過去に一時代を築いた人間の、旬を過ぎた後の寂しさみたいなものは同質な印象だった。ニュースでは最盛期の彼の映像が流れていたが、太平シローって、顔の輪郭こそ「ぶよっ」と膨らんでいるものの、中にある目・鼻・口、それぞれのパーツの形や配置はわりと整っているのである。この五月人形みたいなつくり、誰かに似てるなと思ったら、マツコ・デラックスにそっくり。ま、それだけの話なのだが。しかし、「誰かと誰かが似ている」というものを見つけた瞬間というのは、ちょっとウキウキする。新しい発見をもたらしてくれた、太平シローさんのご冥福を、心よりお祈り致します。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
ナインティナイン岡村隆史が真のエンターテイナーたりうる所以
宝くじのPRキャラクターになっても捨て切れない”キムタク”という病
芥川賞作家にもトレンドが? ”変わり者”のキャラ立ち路線で狙う先

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク