今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

芥川賞作家にもトレンドが? ”変わり者”のキャラ立ち路線で狙う先

芥川賞作家にもトレンドが? ”変わり者”のキャラ立ち路線で狙う先

◎また仕掛けてんのか  受賞の際のセンセーショナルな会見が話題の芥川賞作家・田中慎弥。「都知事閣下と都民各位のため、もらっといて、やる」は早くも今年の流行語大賞候補との呼び声も高い。西村賢太の「そろそろ風俗に行こうかなと」以来、最近の芥川賞は、一昔前の「カワイコちゃん、美人路線」からガラリと変わって、「変わり者」という新機軸を打ち出していると思う。本当に、今本売れてないらしいから。キャラ作家立てて話題の一つも作らんと、どうにもこうにも。ってこれ、また電通の差し金じゃねぇだろうな。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

芥川賞作家にもトレンドが? ”変わり者”のキャラ立ち路線で狙う先のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!