世間は素早く反応!

“黒い過去”を持つハリウッド俳優が、9・11の犠牲者を冒涜する発言

MarkWahlberg01.jpg
ちょっと考えればかなりの失言だと分かるだろうに……

 俳優としてだけでなくプロデューサーとしても高く評価されているマーク・ウォールバーグが、雑誌インタビューで、「自分が9・11 同時多発テロのハイジャック機に搭乗していたら、テロを防ぐことができた」と発言。犠牲者に対する侮辱、冒涜だとしてバッシングされている。

 映画『ディパーテッド』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたほか、プロデューサーとして製作に参加した映画『ザ・ファイター』もアカデミー賞で注目を集め、また、製作総指揮者としてヒットテレビ番組を手がけるなど、多彩な才能を持つマーク。そんな彼が仰天発言したのは、米男性誌「Men’s Journal」最新号のインタビューだった。

 マークは、同時多発テロに巻き込まれ、ペンシルベニア州ピッツバーグ郊外に墜落したユナイテッド航空93便について、「もし、オレが子どもたちと一緒にハイジャックされた飛行機に乗っていたら、あんな風に墜落しなかっただろうね」とコメント。「ファーストクラスは血の海になったろうけど。そして、オレが”OK、これから無事に着陸するから、みんな心配するなよ”って言うんだ」と語った。

 この発言について、ユナイテッド航空93便に搭乗していたトーマス・バーネットの妻ディーナは、ひどい侮辱だと激怒。米芸能ゴシップサイト「TMZ」の取材に対して、「マーク・ウォールバーグはパイロットの免許をお持ちなのでしょうか。今更、何でこんな事を言うのか……その場にいなかったのに、自分ならこうしたと言うのは意味のないことだと思います」と述べ、「ハイジャックされた93便のテロ計画は、ヒーローたちによって阻止されたんです。マークの、自分が乗ってたらすべてを止めることができたという憶測は、バカげているし、ヒーローたちに対して敬意のない無礼極まりないことだわ。スタンドプレイをしているとしか思えない」と怒りをあらわにした。

 マークは、バッシングされ始めたことに敏感に反応し、すぐに謝罪声明を発表。「自分なら、ユナイテッド航空93便に搭乗していた犠牲者と違うことができたと発言したのは、本当に無責任なことだった。無神経だったと感じている。犠牲者の遺族に深くお詫びを申し上げる」「犠牲者の遺族たちに不快な思いをさせることは、意図していなかった」と弁解している。

 実は、マークは10代のころ、人種差別的な暴力事件を起こす問題児だった。刑に服したこともある。

 16歳の時、道を歩いていたアフリカン・アメリカンの子どもたちを自転車で追いかけまわし、「オレらはクソッ垂れた黒人が嫌いなんだよ。さっさと失せろっ!」「ニガーを殺せ! ニガーをぶっ殺せ!」と人種差別で、侮辱的な罵声を浴びせながら、投石。ケガ人も出ており、起訴されている。17歳の時には中年のベトナム人男性を意識不明になるまで執拗にリンチし、片目を失明させるという大ケガを負わせた。この件で、マークは殺人未遂罪で逮捕されており、45日間刑に服している。

 2006年に受けた米「ABC」のインタビューで、マークはこれらの黒い過去について、「後悔することをした。そのことには長年苦められてきた」「仕事が順調になり、他人に対しても、自分に対しても、正しい行いをできるようになってから、やっと罪の意識から解放されたんだ。今は、夜ぐっすり眠ることができるよ。朝起きるとすっきりしていて、いい気分だし」とコメント。世間からは、微妙な発言だと受け止められた。

 マークが、今でも人種差別主義者なのかは定かではないが、もしそうであれば、白人以外の人種が起こした同時多発テロに対する嫌悪感は人一倍強いだろう。そして、それが今回の「ファーストクラスを血の海」にするまで攻撃し、テロリストたちを一人残らずぶっ倒すという発言につながったのかもしれない。

 ユナイテッド航空93便の遺族だけでなく、マークに理由もなくリンチされたベトナム人男性やその家族の神経も逆なでするような今回の問題発言。ラッパーから下着モデルを経て、ハリウッド・ピラミッドの頂点まで登りつめて来ている彼は、「天狗になっているのではないか」といった意地悪い声もネットでは流れている。

『「上から目線」の時代』

“たられば”なヤツは救いようがない

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
E・マーフィーがアカデミー賞の司会を降板! 原因は監督のゲイ差別?
サイエントロジーパーティーでのトム・クルーズのはしゃぎっぷりがすごい!
“被害者”の態度が急変! S・セガールの「子犬殺し」の真相はいかに?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー