[TVツッコミ道場]

和田アキ子と双璧をなす、芸能界の”誕生日パーティースター”とは?

mizukiarisa01.jpg
昭和芸能界の最後の後継者!

 毎年盛大なバースデーパーティーを開くことが話題になっていた芸能人といえば、長らく西田ひかるが有名だった。この誕生日タレント界に、新たなスターがやってきた。

 5月19日に放送された『ひみつの嵐ちゃん!』(TBS系)。ゲストとして登場した観月ありさは、毎年200人以上が集まる規模のバースデーパーティーを毎年開催しているらしい。

 主な参加者として紹介されていたのが、

<谷原章介、蛯原友里、阿部サダヲ、神田うの、上地雄輔、国生さゆり、VERBAL>

 といった顔ぶれ。迎える側の嵐も驚いていたが、幅が広い。しかも、「お父さんの友達が連れてきた」と、アントニオ猪木が来た年もあったらしい(闘魂注入もしてもらったそうです)が、猪木を連れてこれる「お父さんの友達」も何者なんだか。こんな顔ぶれが毎年、観月ありさのために、歌ったり、踊ったり、マジックしたり、物まねやったりと、「出し物」をやってくれるんだそう。例えば、阿部サダヲがこの「出し物」のために、振り付けを覚えてきてくれることもあるらしい。豪華な顔ぶれが、観月ありさというお姫さまを喜ばせるために、いろんなことをやってくれる。

 櫻井翔も思わず、

「結婚式じゃん!」

 と、ツッコんでいたが、結婚式並みのイベントが年に一回やってくるかと思うと、大変だ。

 そして司会者の、「観月ありさの登場です!」の声とともに、ありさ姫が豪華なドレス姿で(本人は否定していたが一着数千万円との噂も)らせん階段から降りてくるのだとか。なんだかもう、バブル系タレントの思い出エピソードを語られてるみたいでもあり、数年続く不況やら自粛ムードってどこですか、といった感じ。「どんどん経済を活性させた方がいい」といった理屈が勝ったのでしょうか。さすが同期は松田聖子やとんねるずという芸歴30年、「連ドラ主演本数22作品」、「レコード大賞(※筆者注:新人賞)を15歳で受賞」「15歳で日本アカデミー賞受賞」(いずれも番組より)と、華々しい業績を残すありさ姫だけのことはある。

 観月ありさ本人は、

「そこまで大きく誕生日をやる人も、いないじゃないですか。しかも30歳過ぎて(笑)」

 と、少し謙遜ぎみに言っていたが、とにかくハンパない。芸能人パーティーといえば先日、ロンブー田村淳が参加していたパーティーの、酒池肉林すぎる乱痴気ぶりがネット上で話題を呼んだ。ありさパーティー参加者の一人、TKO木下隆行いわく、「ありさファミリーとアッコファミリーが芸能界の二大誕生会」だそうなので、こっちは酒池肉林感はなく、健全に楽しく盛り上がる会なのでしょう、きっと。

 5月25日には、歌手デビュー20周年を記念したニューアルバムが発売されるとのことで、木下に「当然この日も盛大なパーティーをやると思うんですか?」と言われ、「やるよ! やる」と答えていた。また新たな観月伝説が刻まれることかと。楽しみだ。

 あと、ありさ姫、せっかくロケとトークで盛り上がったわけだから、一応社交辞令でも、嵐も誘ってあげて。
(太田サトル)

『月刊西田ひかる』

ウギギギギギ(唇からの血でカーディガンが染まりました)

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
月1面会から進展!? 安達祐実&井戸田潤がにわかに接近か
再び激やせ!? 育児と大河ドラマの板挟みとなった宮沢りえ
『かくし芸大会』終了で堺正章が危機!”Mr.かくし芸”の今後はいかに?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク