漏れ聞こえる心配の声

再び激やせ!? 育児と大河ドラマの板挟みとなった宮沢りえ

miyazawarie02.jpg
自分を追い詰める前に、りえママに
相談を!

 放送開始から2カ月が過ぎ、安定した人気を保っているNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』。主演の上野樹理の演技もさることながら、脇役の存在も人気の底上げになっているという。

「昨年の大河ドラマ『龍馬伝』に比べて事前の盛り上がりに欠けていて、広報担当は放送が始まる前からかなり危機感を募らせていたようです。ところが滑り出しも好調で、平均20%を超えているのは、やはり11年ぶりのドラマ出演となった鈴木保奈美さん、織田信長を演じた豊川悦司さんの存在が大きいのではないでしょうか」(NHK関係者)

 鈴木は、作品内で中心となる三姉妹の母親・市を演じている。現場では、娘役(次女)・水川あさみらとも積極的に交流したり、共演者から料理を習ったりと雰囲気作りに貢献しているという。一方で、同じく娘役(長女)の宮沢りえはと言うと、どうやら交流に入れていないらしい。

「どうも現場でもひとりでいることが多いし、あまり誰ともしゃべらないんですよね。しかも、収録が始まった頃に比べてすごくやせてますし、育児に悩んでいるのではないかと密かに噂されています」(大河ドラマスタッフ)

 苦境に立たされる役のため、やつれていくのは熱心な役作りとも言えなくもないが……。

「2009年4月に入籍して5月に出産、そして8月には復帰とかなり慌ただしい状況で、育児にかける時間もままならなかったのでは、と心配する声もあったようです。でも、公園デビューをしたり、自宅近所を散歩したりと、しっかり娘さんとは仲良くしてるみたいですよ。先日に、アートディレクターの長友啓典氏のブログで、りえさんと一緒に中華を食べている様子がアップされていましたが、そこに娘さんも一緒にいて、お絵かきをしていたようです。ただ、そのエントリーもすぐに削除された模様。子どものことが発信されたので、ナーバスになったのかもしれません。たぶん、彼女は何事も一生懸命にやりすぎる性格なので、大河に子育てと一緒にやることで、疲れてしまったんじゃないでしょうか」(テレビ局関係者)

 子育てと大河ドラマ出演の二足の草鞋を履く宮沢。その大変さは本人にしか分からないが、過去には拒食症の経歴もあることから、事態を心配する声も多いようだ。母親としての先輩、鈴木にアドバイスをもらってみてはどうだろうか。

『突然、9歳の息子ができました。―42歳、バツ3、自己破産男の気ままな育児術』

子育てってもっと気楽でいいみたい!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
あの自殺未遂騒動や腹違いの弟にまで踏み込んだ、『宮沢りえ 悲劇の真相』
めでたいはずなのに……宮沢りえの結婚事情
宮沢りえの結婚は女の幸せ? 時代を反映した半生を振り返る

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ムショ飯はうまいのか?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!