『ビッグダディ』見てる場合じゃなかった!

Facebookで話題の6つ子家族に、あの人気番組が超太っ腹プレゼント!

OprahWinfrey.jpg
右のお方が超人気司会者のオペラさんです~

 アメリカ人から絶大的な人気と信頼を得ている人気司会者で慈善家のオプラ・ウィンフリーが、Facebookで話題となっている6つ子の両親を番組に招き、2,000万円の商品券をプレゼントした。高視聴率であるオプラの番組で紹介されたことにより、今後一家のもとには大量の寄付金が届くだろうと見られている。

 オプラは、25年前に放送開始させたトーク番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』に困難に立たされている人々をゲストとして招き、世間が知らないところでどれだけ多くの人々が苦しんでいるのかを紹介。番組の終わりには、不幸な境遇のゲストに豪華なプレゼントを贈り、グングンと視聴率を伸ばしていった。オプラは、ゲストから話を引き出すのがとても上手く、ハリウッド・スターやセレブたちもこぞって番組に出演。オバマ大統領ら、政治家も彼女の影響力を頼りにしており、アメリカで最もパワフルな女性だと言われている。『オプラ・ウィンフリー・ショー』は、もうすぐ放送終了となるが、年収は260億円を超え、元旦に自身のテレビ・チャンネルを開局させており、その勢いは衰えることを知らない。

McGhee.jpg

 そんなオプラの目にとまったのがFacebookに掲載された1枚の写真。上半身裸の黒人男性が目を閉じ横たわり、男性の背中や腕、身体の周りに6つの新生児が丸まりスヤスヤ寝ている。後方には黒人女性が目を閉じ寄り添っており、まるで美術作品のような家族写真である。写真を見たオプラは「この写真、好きだわぁ。この人たちに会わなくちゃ」と、番組に招いたのだ。

 この写真を掲載したのは、オハイオ州コロンバスに住むマクギー家の妻ミア。赤ん坊を親戚に披露しようと、この写真を自身のFacebookに載せたところ、素晴らしい写真だと世界中から注目されるようになったのだ。Facebookにはファン・サイト「The McGhee Sextuplet」がオープンされ、1万3,000人を超える人たちがフォローしている。

 オプラは、まず夫婦の幼少時代を紹介。ミアの母は生活保護受給者で、貧困層の底辺に育った。兄弟は犯罪に手を染め、環境は想像を絶するほど悪かったという。一方、夫のロゾーノも覚せい剤中毒の母のもと育ち、不幸な生活を送った。

 2人は、高校時代に知り合い、18歳と19歳で結婚。子どもの頃から夢に見ていた「温かい家庭」を築こうと心に決め、死に物狂いで働きマイホームを購入してから念願の子作りを始めた。しかし、3年頑張っても子どもは出来ず、不妊治療を受けることに。すぐに双子を授かったが、出産直後に亡くなるという悲劇に見舞われ、打ちひしがれてしまう。どうしても子どもが欲しい2人は、神に祈りながら治療を続け、再び懐妊。6つ子を授かったのだ。

 「子どもたちが無事生まれてきてくれて、本当にうれしい。この上ない喜びを毎日噛みしめている」「近所の人たちや教会の仲間が何かと助けに来てくれるので、本当に助かっている」と笑顔で語った夫婦だが、オプラに低い声で、「でも大変なんでしょう? 6人の赤ん坊を育てるのは」と問われると、「毎日50枚オムツを交換して、30瓶のミルクを与える」「オムツは汚れたらすぐに交換して捨てるようにして、ミルク瓶も飲み終わったらすぐに洗うようにしている。そうしないと匂いが酷くなってしまうから」と、育児の苦労を告白。

 現在、ロゾーノはカーペット清掃業を営んでおり、ミアは子育てに専念している。オプラは、すかさず「オハイオ州に住んでいるアナタ! カーペット清掃が必要なときは、ぜひ彼に依頼してちょうだいね」と大声でフォロー。そして、舞台に設置されたスクリーンを指差し「今、画面に映っているのは、あなたたちが住んでいる地区にある大型ディスカウント・スーパー、ウォールマートの従業員の方々よ。みんな、あなたたちに会いたがっているわ」と述べ、夫婦にウォールマートの商品券25万ドル(約2,050万円)を、プレゼントしたのだ。

 涙を流し絶句する2人に、オプラは「深呼吸して。いい? まだあるのよ」とニッコリ笑い、セリーヌ・ディオンがいきなり登場。オプラはセリーヌの肩を抱き、「11年前に結婚しているけど、新婚旅行はまだなんですって?」「ぜひ、新婚旅行をプレゼントさせて! ラスベガスに! 泊まるのはシーザーズ・パレスのスイート。必要なことは何でも言いつけて頂戴。スパにも行ってね。ショッピングに500ドルの商品引換券もつけるわ!」と言い放ち、シーザーズ・パレスのスタッフが静々と登場し、呆然とする2人に王冠を載せた。

 オプラは続けて「それと、セリーヌのコンサートを最前列で見て頂戴!」と招待し、観覧客全員にもシーザーズ・パレス2泊とセリーヌのコンサートへ、ペアでご招待すると宣言。観覧客もフィーバー状態となった。

 オプラの番組に登場したことにより、この夫婦の存在は全米に知れ渡った。セリーヌもそうだが、不妊治療に苦しむアメリカ人は多く、その辛い治療を克服し夫婦で力を合わせて6つ子を育てている2人を助けたいと申し出る人が、これからきっと出てくるはずである。テレビ制作会社から、一家の暮らしを追った、リアリティー番組を制作したいとオファーを受けるかもしれない。

 Facebookに載せた1枚の写真がきっかけで、オプラから大きなプレゼントをもらうことになったマクギー家。オプラによる効果は、今後まだまだ続きそうである。

『突然、9歳の息子ができました。―42歳、バツ3、自己破産男の気ままな育児術 [単行本]』

6つ子と9歳、どっちも大変なんだろうな

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
観覧者全員に車をプレゼント! 全米で大人気の太っ腹番組がすごい
「主催者は賄賂を受ける」ゴールデン グローブ賞の司会者がスパーク!
薄毛、パンチラ、コメント欄の炎上……王子の結婚を喜べない英王室

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  16. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー