数億円を湯水のように!

観覧者全員に車をプレゼント! 全米で大人気の太っ腹番組がすごい

OprahWinfrey.jpg
太っ腹なオプラの体形と、痛々しいヒュー・ジャックマンに釘づけです

 アメリカ大統領よりも強い影響力を持つと言われている、人気司会者オプラ・ウィンフリー。彼女が25年間司会を続けている『オプラ・ウィンフリー・ショー』は、困っている人に大金を寄付したり、観覧客にサプライズなプレゼントを贈るなど、オプラの気前よさがウリの番組となっている。現在、オプラは番組最終シーズンのオープング・エピソードに訪れた観客302人と共にシドニー旅行を満喫中。オーストラリアでも、湯水のようにお金を使いまくり、大きな感動を与えている。

 オプラが、一緒にシドニー旅行をしている302人は、9月に放送されたエピソードの観覧客。ジョン・トラボルタの操縦する飛行機で8日間のオーストラリア旅行に連れて行くと約束されたラッキーな人たちだ。12月7日にその約束が決行され、オプラ自身も特別エピソードを収録するためシドニーに飛んだ。なお、ジョンは11月23日に息子ベンジャミンが誕生したため、急遽同行を取りやめている。

 『オプラ・ウィンフリー・ショー』はオーストラリアでも放送されており、オプラは絶大なる人気を誇っている。歓迎式典には政治家も駆けつけ、シドニーのシンボルであるオペラハウスとハーバーブリッジをバックに何発も花火を打ち上げるなど、ちょっとしたお祭りとなった。

 オプラは観客とぞろぞろハーバーブリッジで記念撮影をするなど、シドニーでも終始上機嫌。以前番組に手紙を送ってくれた教師が勤める男子校カンターベリー・ボーイズ・スクールを訪問し、100万ドル(8,400万円)相当のHPとマイクロソフト製品を寄付。ほかにも、400人を超える教師と生徒全員に新品のラップトップパソコンをプレゼントした。

 続けてオプラは、一家の柱だった夫が肝臓ガンと腸ガンを発症したアンダーソン家を訪問。夫婦には小さな子どもが2人いるが、生活と治療費のため妻が高校教師に復職したという。オプラは涙しながら一家の苦労話を聞き、「とりあえず、1年間は何も心配せずに、家族でゆっくり休んで」と25万ドル(約2,100万円)の小切手を手渡した。

 オーストラリアで何億も使っているオプラだが、実は先月末も『オプラ・ウィンフリー・ショー』で信じられないほど豪華なプレゼントを観覧客に贈っている。

 オプラは、毎年感謝祭前に個人的に気に入っている物を、スタジオの観覧客全員にプレゼントする「Favorite Things」という特別エピソードを放送している。「Favorite Things」で紹介されたものは、感謝祭明けから始まるクリスマス・セールで飛ぶように売れるため、企業も大注目。特に今年は最後の「Favorite Things」になるため、相当豪華なものが用意されているのではないかと、全米が固唾をのんで放送を見守った。

 11月19日に放送された「Favorite Things」パート1では、ソニーの3Dテレビ(約30万円)、ニコンのデジタル一眼レフカメラ(約6万円)、ジュディス・リプカのサファイア・イヤリング(約4万5,000円)、フィリップスタインの番組放送25周年記念腕時計(約21万円)、豪華客船ロイヤル・カリビアン7日間クルーズ(値段非公開)などをプレゼント。

 22日に放送されたパート2では、iPad(約4万2,000円)、コーチのバッグ(約3万4,000円)、高級デパートNordstormの商品券(約4万2,000円)、ル・クルーゼの鍋セット(約5万円)、そして2012年型フォルクスワーゲン・ビートルが観覧客全員にプレゼントされた。

 「Favorite Things」エピソードになると知らされていない観覧客は、オプラが赤いサンタドレスに変身し「ホーホーホー!」と言うと、大声で叫びながら総立ち。祈りを捧げる者、踊りだす者、泣き叫ぶ者、観覧席はトランス状態に陥り、オプラは「オー! イエー!」と満足そうな表情を浮かべ「通路に救急隊員をスタンバイさせてるから、思う存分喜んで」と言い放った。なお、視聴者にも「Favorite Things」がもらえるチャンスはある。抽選で12名に全てのプレゼントを贈るという嬉しいコンテストがあるのだ。

 太っ腹魂に磨きがかかり神々しい輝きを放っているオプラだが、実はオーストラリアでアクシデントに見舞われている。

 ボン・ジョヴィ、U2のボノ、ジェイ・Z、ラッセル・クロウ、ニコール・キッドマンとキース・アーバン夫婦らが出演したオペラハウスでの特別エピソード収録で、天井から滑車で降り颯爽と登場するスタントを行ったヒュー・ジャックマンが、器具に顔面を激突し、あわや失明という事故を起こしたのだ。なお、事故原因は、眺めのよさに気をとられたヒューが、ブレーキをかけ忘れたという少々情けないものであった。6,000人もの観客がざわつく中、ヒューは応急手当を受け、オプラにハグされながらステージに立ったが、右目の周りが変形しているようにも見え、痛々しいことこの上なかった。

 嬉しいハプニングも、悪いハプニングも起こる、予測不可能な番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』。最終シーズン後半には、一体何が待ち構えているのか、どんな豪華プレゼントがばら撒かれるのか、ますます目が離せない。

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』

X-MEN 型なし

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
『アグリー・ベティ』俳優による頭部切断殺人事件、あの秘密結社に接触?
仕上がりに賛否両論! マイケル・ジャクソンの”遺作”PVがネットに流出
やっぱりガガは男だった? 世間を仰天させた立ちションショットの真相

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク