今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

いま日本で一番、穢れなき著名人の齋藤佑樹にお願いしたいあのお仕事

yukisaito.jpg
『斎藤佑樹投手「ハンカチ王子」パ
ーフェクトブック 』(講談社)

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎罪も汚れもございませんってか?
 選任をめぐってグダグダのNHK会長。「交際費はどれくらい使えるのか」「都内に家が欲しい」と言ったの言わないので大ゲンカ。どうせお飾りだろ。そんなに清廉潔白な人間がいいなら、いっそ齋藤佑樹にでもやらせてみれば。先日も「ご飯とおみそ汁とウインナー食べました」つってたからな。カーワイイわねー。とにかく今のところダントツで「どう叩いてもホコリが出ない人物No.1」なのは確か。のっぺりした顔立ちが「どーも君」にちょっと似てなくもないし。グッズ売れるぞ。

◎山口ではムスカも登場
 うっとうしいなぁ「タイガーマスク運動」。やってる本人たちは最高に気持ちイイんだろうが、バカの一つ覚えっつーか軽挙妄動つーか。やってることは「イイこと」のカテゴリーに入るのかもしれんが、「愉快犯」「便乗犯」と構造的には同じに見える。最初の人はともかく、後続は見ててさむいよホント。そんなに善意持て余してんなら、過疎の村でも行って、黙って老人の家の屋根の雪おろしでもして来いや。「善意の自慰行為」はもう結構。ただ、ひとつ笑わせてもらったのは、「京塚昌子」を名乗ってた人がいたこと。「伊達直人」もたいがい古いが、「京塚昌子」て。そのうち「猿飛佐助です」「黄金バットより」なんてケースも出て来るんだろうか。そういうバリエーションの広がりだけは楽しみだ。

◎池上一門的な?
 池上彰「ご退位表明」に大わらわのテレビ界。とりあえず「池上彰さえ出しときゃOK」の風潮はちょっとおかしなレベルまで達してたと思う。彼にテレビ撤退の意思を固めさせたのは、たぶん年始の『池上彰と見る!「サウンド・オブ・ミュージック」』(テレビ東京系)だったんじゃないか。あれは、後世この「池上彰ブーム」を振り返る時、金字塔としてテレビ史に残る「極まれり」番組だと思う。さて跡目相続だが、スライド式にするっと後釜に滑り込みそうな辛坊治郎と、そうはさせじと野心剥き出しで「ポスト池上」をアピールしまくる手嶋龍一のガチンコ勝負となるか。松平定和あたりもダメ元でどさくさ紛れにアタックして来るかもしれん。ロンブー淳なんて記事もあったしな。いっそのこと、オーディション形式で各候補を競わせて、最後池上彰に選んでもらうのが一番丸く収まるんじゃないか。そしてその瞬間、そいつが「二代目・池上彰」となるのだ。そう、「池上彰」を襲名制にして、年に一度選出する。M-1なき今、テレビ界のビッグイベントになること間違いなし。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
キムタクだけじゃない、”本人”を演じたSMAPの紅白舞台裏
酒焼け声とマリエのコラボが体現した、リアルな夜遊びオンナ像
広告主を押しのけて……準備は完璧な『SPACE BATTLESHIP ヤマト』



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

いま日本で一番、穢れなき著名人の齋藤佑樹にお願いしたいあのお仕事のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!