今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

広告主を押しのけて……準備は完璧な『SPACE BATTLESHIP ヤマト』

kimutaku0412.jpg
キムタクの周りには、いつも”大人の
事情”が渦巻いているよね

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎もう「下りてきた」感もなく
 先日、建築メーカーのモデルルームを見て回っていたら、警備保障会社セコムのブースが完全に『ヤマト』に乗っ取られていた。セコムのポスターよりもパンフレットよりも、一番場所を取って目立っていたのは、CM出演中のキムタク主演の『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の宣伝コーナー。普通のパンフレットの場所が分からず、困惑する客続出。係の人も心なしかちょっと迷惑そう。よゐこの『無人島0円生活』(テレビ朝日系)にも意味なくゲスト出演。いろんなところに負担をかけながら、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、絶賛公開予定。

◎「人間・宇多田ヒカル」取り戻せるのか
 「人間活動」かあ。たーッ。何でも言い替えてみるもんだねぇ。帳簿つけたり家賃把握したりすることが「人間活動」。名付けてみると何かイイ感じになっちゃうもんだねぇ。特別扱いされたくないから、得意なアーティストは一回やめて、普通のことをやりたいと。その「普通のこと」には「海外でボランティアをやる」ってのも入ってるらしいが。その考え自体がもう特別扱いされてるってことだと思んだが。本当に人間活動したいなら、まずは「お祖母ちゃんの葬式に出る」あたりから始めてみちゃどうか。

◎それが親子ってもんです
 大いに賑わった中日ドラゴンズの応援感謝パレード。てっきり福嗣クンと新婚の嫁も参加してるかと思ったのに。出て欲しかったなあ。もちろん信子夫人にも。選手や落合監督がオープンカーから手を振る中、三人だけが、ローマ法王が乗るみたいなものすごい防弾ガラス製の車に乗って。ウエディングドレス姿の嫁と、紋付き袴姿の福嗣クン、そしてなぜか信子夫人もウエディングドレスで。外のガラスが生卵だらけになっても、溢れんばかりの笑顔を振りまいて。ファンサービスって、そういうことだと思う。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
あの騒動から4年、婚約報道解禁に見る小倉優子の価値
手前味噌の発動装置として働く『国際ドラマフェスティバル』
『5時に夢中!』が見せた、日本のテレビ局のあるべき姿

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク