今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

『5時に夢中!』が見せた、日本のテレビ局のあるべき姿

tokyomxgoji.jpg
『5時に夢中!』公式サイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎業界のリーサルウエポン
 業界内高視聴率といわれるMXテレビ『5時に夢中!』で、テレビ史に残る快挙が。場末のスナックのママを紹介する、月曜日の名物コーナー「おママの花道」に登場した、上海出身の中国人のママが、一連の尖閣諸島の事件について「中国政府は嫌い。国際的に恥ずかしい。ただただ日本人に申し訳ない」と言って、飄々と松田聖子の歌を歌ってた。キー局ではないにしろ、これがフツーに放送されたことが素晴らしい。これをきっかけに、今後のテレビのいっそうの健全化と、あのスナック(上野にある)の繁盛を切に祈る。

◎若人あきらもお忘れなく
 エリカ様失踪。結局また「ヌード写真撮影の為海外に行ってた」なんて話題作りだったりするからな。付き合ってられるか。しかしこのテの「失踪」って久しぶりだ。林葉直子を思い出した。エリカ様もひょっとしたらサイババの所にいるのかもしれない。

◎なら女子アナを許す
 日テレの日曜夜のスポーツニュース『Going! SPORT&NEWS』にキャスターとして出演中の亀梨和也。ま、キャスターつっても、野球場行ってキャピキャピしてるだけで、役割としてはほとんど女子アナ。ガタイのいい野球選手と同じユニフォーム姿で、手取り足取り教えてもらいながら、ヒョロヒョロしたフォームでバット振ってるところなんか、役割どころか見た目まで女子アナだ。亀梨ファンの中にも、実は「あれだけはあんまり出て欲しくない」と思ってる人もいるんじゃないか。それくらい貧弱。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
自主規制の波をかい潜る、”イイ話”という免罪符を手にしたテレビ業界
誰も真実を望んでいない、「ベスト・ジーニスト賞」という様式美
キング・カズの偉業をどうしても真顔で受け止められないワケ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  15. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー