今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

松本人志の後継者争いのなか、頭ひとつ抜け出ているのは……

hitoshimatsumoto.jpg
「松本人志の怒り 青版 」(集英社)

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎松本人志、影武者計画
 そろそろ松ちゃんが映った分のVTRも底をつき、ダウンタウンの各冠番組すべてが、松本人志抜きの態勢に入った。彼がいなくとも淡々といつもの企画をこなす『ガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)、弛緩したグルメロケでお茶を濁す『ダウンタウンDX』(読売テレビ、日本テレビ系)と、番組ごとに対応が分かれる中、『リンカーン』(TBS系)は「松本役を他の芸人に演じさせる」という思い切った手に出ていた。松本役を演じたのはハリセンボンの春菜。松っちゃんのエッセンスを手繰り寄せ手繰り寄せ、似てないモノマネを必死でやっていた。ま、これは「気持ちはわかるが似てない」の「気持ちはわかるが」の部分がツボなので、それはそれでよかったのだが。でもこの手は一回こっきりしか使えない。いっそ次回からは、松本の代役をKinKi Kidsの堂本剛にやらせたらいいんじゃないか。笑い方、表情、しぐさ、ボケた後の「どや顔」まで、こんなに松本人志と同化している人間は他にいない。山田康雄の後にルパンの声を継いだ栗田貫一のように、松ちゃんの後は堂本に継がせてやったらどうか。まあ松ちゃんは別に死んだわけではないのだが。

◎いずみを探せ
 カワイイ若い娘がワイワイ出てる、「ジョッキ生」のCM。しかし、わからないのは、若いコに交じって、稲森いずみが出てる点。「金麦」の壇れいみたいな手法ならまだしも、本当に、若くてピチピチなコたちがキャッキャしてるところに一瞬映る。映るというか紛れ込んでる。そのせいか「あれ、今なんか年増混じってなかった?」と、サブリミナル効果のように老いを目立たせる結果になっている。何で稲森いずみをあそこに混ぜる必要があったのか。稲森いずみもなぜ引き受けたのか。何もかもがナゾのCMである。

◎昭和芸能の王道路線

 後藤真希が「弟の逮捕、母の死、その真相をすべて語る!」つって出ていた『金スマ』(TBS系)。以前の岡本真夜の時の茶番劇と違い、ちゃんと話はしてたと思う。ま、すべては想定内の範疇だったけど。でもいいのだ。こういう「家族の業」を背負った芸能人って、昔はいっぱいいて、その業も込みで見るのが楽しかった。なのに今はもう、何だかペラペラなタマしかいない。そんな中、後藤真希は「公人としては華やかだけれど、私人としては不幸」という、古き良き芸能人の哀しさを見せてくれるエンターテイナーだ。歌にも演技にも興味はないが、今後もその様式美を見せる為だけに、芸能界で生き伸びて行って欲しい。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【バックナンバー】
こちらの想像をかき立てる、吉永小百合の思わぬCM
薄暗い部屋、真っ黒な革のソファー……「大相撲」番組の思わぬ失態
見る度に心がざわつく、妻夫木聡の新 CM

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク