"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第37回】

関ジャニ∞村上信五&戸田恵梨香が破局! 戸田が乗り換えた新しい恋人とは?

seven.jpg
「女性セブン」(小学館)8月5日号

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の”欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

第36回(7/15~7/19発売号より)

 やっぱり。赤西仁がKAT-TUNを正式脱退することが決定した。 ジャニー喜多川社長自身が明らかにしたことで発覚したのだが、これにはびっくり。ジャニーさん本人がマスコミにこんな話をするのは異例だから。これまで散々”お騒がせ”してクビにならなかったのは、ジャニーさんのお気に入りだったからか。そのための”ジャニー喜多川、苦渋の決断”だったのか。脱退発覚後も、赤西クンに関する不穏な情報はますます多くなってきているようだけど、どうなる!?

1位「根津甚八『芸能界引退』『車イス生活』を妻に直撃!」(「週刊女性」 8月3日号)
2位「戸田恵梨香 関ジャニ∞村上から新恋人へ『乗り換え方』大胆告白!」(「女性セブン」8月5日号)
3位「国生さゆり新田恵利 ”犬猿のふたり”がユニット結成!!」(「週刊女性」8月3日号)

 芸能界は若いタレントやアイドルばかりが生息している世界ではない。華やかなばかりではなく、魑魅魍魎も跋扈し怖い人たちも沢山いる。闇の一面も持つ世界だ。そして長い歴史に培われてきた一面もある。だからこそ、かつて活躍していた芸能人のその後は、私たちの興味をそそるものなのだ。

 根津甚八は渋くてイイ役者だった。任侠映画や黒澤明監督作品、人気ドラマにと数多くの作品に出演してきた。そんな根津が事実上の引退を宣言した。本人ではなく、妻の手を借りて。62歳。本来ならまだまだ活躍できた役者であり、年齢だ。だが彼が表舞台から姿を消して久しい。目の疾患、うつ病、交通死亡事故、椎間板ヘルニアでの歩行困難の末、車椅子の生活となった。

 そんな根津の近況記事だ。栄枯盛衰――。根津が活躍していた時代を知るものとしてはなんともやるせない気分だ。生活も大変だろう。だからなのか、この秋、妻が根津の集大成となる著書を出版する予定なのだとか。もしかしたら著書の版元は「週女」の版元である主婦と生活社なのかもしれない。そんな宣伝が隠された記事かもしれないけど、「それでもいいや」と思う。根津甚八だから。

 そんな渋さが全く感じられないのがジャリタレどもの恋愛模様だ。関ジャニ∞村上信五と戸田恵梨香。少々気が弱そうで軽ーい雰囲気の村上と、いかにも気が強そうな戸田が破局だって。これまた軽い。ちょっと前まではラブラブで結婚か!? なんて報道もあったけど。語るのは戸田本人。都内高級店でPerfumeのあ~ちゃんと友人男性を相手に語った会話が流出した模様。

「信ちゃんとは家族のような関係になっちゃって……。恵梨香は心の浮気をしてしまう」
「今でも仲はいいよ」 

 まるで、男がセックスレスの言い訳に使うようなセリフの数々である。さすが女のオヤジ化、肉食系女子。それでもって恵梨香の本当の恋人は俳優の綾野剛だという。村上と距離を置いている間に、デキてしまったらしい。完全にコケにされた形の村上。村上はかつて恋人だった女性に手ひどい裏切りを受けたという経験を持つ(一説には嵐の相葉クンに彼女を寝取られたとか)。この記事を読んだら、村上はさらに女性不信に陥るのではないか。心配だ。

 だが、戸田サイドはこの記事をわざと村上に聞かせたいのではないかとも思う。「セブン」は2人の熱愛をスクープした雑誌だが、今回の破局については会話の出所を明確にしていない。やはり芸能界は魑魅魍魎だ。

 お次も魑魅魍魎。かつて一世を風靡した「おニャン子クラブ」の人気者2人、国生さゆりと新田恵利が23年の時を経てユニットを結成した。2人は当時から不仲と言われてきたが、”おばちゃん”になったら関係ないのだろうか。そんな彼女たちの対談記事だ。というか、今どきの若者は新田恵利なんて知らないっちゅーの。そんなことはどうでもいい。今なぜ「おニャン子」なのか。やっぱ「AKB48」だろうな。

 ふたつのグループの共通項は秋元康プロデュースということ。なんだかメラメラと対抗心が、ってことはないと思うけど、タイミング的にはAKBを意識したものだろう。対談中の新田の発言は興味深い。

「老婆心で、彼女たち(AKB48)のこの先を心配しちゃうな。メンバー全員がこの世界に残れるとは限らない」「オバちゃんとしては、ほかの道も考えたほうがいいよって思います」

 同感。残るのは秋元康の名前と実績と彼の高額ギャラだけだ(ちなみに秋元は元おニャン子メンバーと結婚したから家族までゲットしたわけだ)。にしてもこの2人のユニット、今後の活動も、ユニット名も実は何もかも決まっていないのだ。そんな状況なのに先走って記者会見したものだから、芸能マスコミの間でもあまり相手にされていない。対談でも、「ユニット名は、ファンのみなさんか秋元さんにつけてほしい」「プロデュース、ぜひお願いします、秋元さん!!」なんて秋元にラブコールを送る始末。誌面でラブコールを送るくらいなのだから、直接は会ってもらえていないのだろう。
 
 秋元はやらないと思う。大した話題にはならないだろうし、カネにもならないだろうから。

『Life [DVD] 』

恵梨香の新彼ッス

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
胸をまさぐられ、無理矢理キスを……女性記者が告発する”角界のセクハラ”
“元・男闘呼組”岡本健一の本質が表れた、米倉涼子との熱愛報道
松嶋菜々子&反町隆史夫妻の愛娘の行く先を暗示する”二谷友里恵”の影

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク