"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第36回】

胸をまさぐられ、無理矢理キスを……女性記者が告発する”角界のセクハラ”

joseijisin0722.jpg
「女性自身」7月27日号

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の”欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

第36回(7/8~7/13発売号より)

 夏の参議院選にはガッカリだ。菅直人の消費税発言は思慮がなさすぎなのは当然として、政権交代してまだ10カ月なのに、民主党を見限った選挙民にもがっかり。総理がコロコロ代わる日本だから、民意もコロコロ代わるのも当然なのか。

1位「乗り越えた破局危機 安室『内助の功』と淳が漏らす『結婚』」(「週刊女性」7月27日号)
2位「だから大相撲は嫌われる! 『私は琴光喜の膝の上に座らされ、無理やりキスをされた……』」(「女性自身」7月27日号)
3位「45才、奇跡の背中『もうお肉は一生食べないと思います』」(「女性セブン」7月22日号)


 正月のセドナ旅行発覚以来、当コラムでもずっと追い続けてきた安室奈美恵とロンブー淳。破局、いや順調交際などと芸能報道は二転三転していたが、案の定交際は続いているらしい。くやしぃーー!! それでもって淳はどんどんいい男になっていくように見える。

 安室ファンで、”淳ごときと熱愛?”と思っていた私は、さらに悔しい思いに駆られている。交際から半年、淳が頼もしく思えるのは本当だ。なんだか落ち着いているし、以前あった「軽さ」や「いやらしい自信」も影を潜めている。あーあ。

 そんな淳がボーカルを務めるバンド「jealkb」のライブに安室がお忍びで現れた。安室自身も全国ツアー中だというのに、その合間を縫って。恋人というだけでなく、ライブの企画にも関っているんだって。そんなに淳が好きなのか。しかも自身の結婚・恋愛観を語る淳の言葉は、さらに格好いい。

「婚姻届といった書類や法律で守られる関係ではなく、お互いが一生、恋人同士のようにドキドキできて、努力し続けるパートナーでありたい」
「形式に囚われないけれど精神的には深く結ばれている。そういう関係が理想」

 くそーー!! 思えば2人の衝撃熱愛旅行をスクープしたのは「セブン」だが、その直後に破局説を流したのが「週女」だった。それから半年、「週女」自らが「ライブへお忍び写真」を掲載し、破局説を否定した。ヤキモキさせやがって。安室が幸せならそれでいいけど。
 
 久々に感心し、かつ笑わせてもらいました。「女性自身」の「だから大相撲は嫌われる!」という特集記事に。4部構成のトップは「私は琴光喜の膝の上に座らされ、無理やりキスをされた」という告発記事。そして告発者はなんと「女性自身」の女性記者、なのだ。

 この女性記者は28歳のロシアクオーターで、これまでにも何度か”力士合コン”に参加したことがあるという。そして2年前、琴光喜のカラオケ誕生パーティに出席した際、強烈な経験をした。初対面なのに琴光喜に気に入られてしまって、無理やり膝の上に乗せられた女性記者。琴光喜の手は記者のおなかをまさぐり始め、次第に胸に達する。そして首筋にキス。さらに無理やり口にもキス。30分ほど我慢し、隙を見て逃げたが頬から首筋まで琴光喜のよだれでベタベタ――。

 うげっ、キモっ、立派なセクハラである。おそらく女性記者にとって誕生パーティーに出席したのは仕事、取材、情報収集の一環だと思われるが、なかなかディープな体験であることには違いない。その我慢と努力が、今回の琴光喜賭博騒動で実を結んだというべきか。渾身の”発掘”スクープだった(笑)。

 今年4月に発売された元バレエリーナの草刈民代のヌード写真集は衝撃的だった。引退から1年、45歳という年齢なのに引き締まった美しい裸体! 同世代の私は、同世代の女友達たちと、この話題で盛り上がった。

「さすがに綺麗」
「何いってんの。いろいろ(写真を)修正してるでしょ」
「マジ!?」
「若くてスタイル抜群のモデルでも修正する時代なの」などなど。

 それほど衝撃的だったのだ。その民代の「背中」の撮り下ろし写真が「セブン」で掲載された。相変わらずお美しい! だがそれ以上に衝撃的なのが、彼女のインタビューでの「お言葉」だ。

「(引退後も)ピラティスは欠かせません」
「体をしゃんとしていないと、顔も老けやすいんです」

 極め付けが「お肉は一生食べないと思います」。あー、種類が違うとしか言いようがない。ストイックで自分に厳しいんだなぁ、とは思う。でも一番の謎は4月に発売された写真集の版元社長は、かつて民代と噂された男性だったってこと。過去も綺麗にストイックに清算、ってこと!?

「編集者という病い」

しゃ、しゃ、社長~~~~!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
“元・男闘呼組”岡本健一の本質が表れた、米倉涼子との熱愛報道
松嶋菜々子&反町隆史夫妻の愛娘の行く先を暗示する”二谷友里恵”の影
“凋落”復活請負人・小室哲哉と SMAPの”極秘”コラボプロジェクト

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  7. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  20. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと