作者はなんと元・ボディガード

アンジェリーナ&ブラピ夫妻の暴露本が出版!

bkurobon.jpg
幸せそうな二人に、暗雲……

 2月に暴露本『Six Degrees of Paris Hilton』(マーク・エブナー著)の出版が決まっているパリス・ヒルトンに続き、今度はアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットについての暴露本が出版されるという。執筆者は、前ボディガードのミッキー・ブレット。

 発売中の「インタッチ・ウィークリー」のオンライン版には、「これまで何カ月にもわたって揉めていた2人が、1月19日にはドイツで仲の良いところを見せていたのに、ショッキングなこの本によって再び引き離されるかもれない」とまで書かれている。アンジーが世間に知られたくない事をすべてぶち撒けたとされるこの本には、一体どんな事が書かれているのか?


 2000年から07年までアンジーのボディガードとして働いていた彼は、アイリッシュのフーリガンだったそうで、荒っぽい事でたびたび批判され、過去にナミビアで訴訟沙汰も起こしているとか。そんな彼だが、ボディーガードという立場でアンジーの人生の大きな節目に立ち会っており、どうやってブラッドと「デキた」かについても詳しく書かれているという。一体それはジェニファーとの結婚の最中だったのか、後だったのか、とセレブ関連のブログ「スキャンダリスト」はかまびすしい。また、二人がケニアに滞在中、アンジーの悲鳴を聞いたミッキーが驚いてナタを持って急いで駆けつけると、ブラッドと大声で激しいセックスの最中だったというような、シモのネタについても取上げるそうだ。

 7年間アンジーの為に働いた彼は、アンジーにとても好かれており、1,000万円もするアストン・マーチンをプレゼントされたりしている。そんな彼がこのような本を書くにいたったきっかけは、07年11月以降、カップルの全幅の信頼を得て重用されるようになった、ある若くてハンサムなボディガードだと言われている。アンジーが彼と非常に楽しそうにしているのを見て、ブラッドが心配になったほどと伝えられており、ミッキーもそれを根に持っていたのかもしれない。それとも単なる最後の荒稼ぎか? いずれにしてもこの本は、”ホットケーキのように売れる”だろうと予想されている。
(セリー真坂)

【関連記事】 ブラピとジェニファー、元夫婦の映画対決! 軍配はどちらに?
【関連記事】 アンジェリーナとブラピが破局!? 囁かれる2人の不仲
【関連記事】 アンジェリーナ、ピンチ!? ブラッド・ピットに美人女優の魔の手が……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  12. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  16. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 煙たがられているゴリ押し若手女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. テレビとギャップありなジャニーズ

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー