『ザ・ノンフィクション』レビュー

『ザ・ノンフィクション』若年性アルツハイマーの父親をケアする高3の息子「ボクと父ちゃんの記憶 ~家族の思い出 別れの時~」

2021/10/18 19:36
石徹白未亜(いとしろ・みあ)
『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)公式サイトより

 日曜昼のドキュメント『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。10月17日の放送は「ボクと父ちゃんの記憶 ~家族の思い出 別れの時~」。

あらすじ

 千葉県南東部、緑豊かな睦沢町で暮らす高校3年生の大介は、若年性アルツハイマー型認知症になった父親を日常的に介護している「ヤングケアラー」だ。

 大介の父親、佳秀はもともと東京で映像制作の仕事をしており、ディレクターとして多忙な日々を送っていたという。1999年、43歳の時に妻の京子と再婚してからは、大切な約束を忘れてしまうなど仕事でミスが出始めるも、疲れからくるものだと思っていたという。

 その後2003年に大介が産まれ、このころから車で出勤したのに、それを忘れ電車で帰ってくるなど日常生活にも影響が出始める。大介が2歳、佳秀が50歳の時に若年性アルツハイマー型認知症と診断される。

 病気の進行を遅らせるため、一家は千葉に越して仕事を減らしたため、幼少期の大介のそばにはいつも佳秀がいたという。かつてはラグビーを大介に教えるほど、心身とも安定していた佳秀だったが、大介が中学校、大介の下の妹たちが小学校に上がるころから、症状は坂道を転がるように悪化していく。症状が悪化する前の佳秀について、大介は「まだ父ちゃんが父ちゃんだったな」と話す。

 現在の佳秀は、会話がほぼ成り立たず、トイレも一人で行けない。日中はデイサービスに通っている。認知症の症状の一つとして、機嫌のいいときはにこやかだが、唐突に腹を立てることもあるという。京子が働いて一家を支えており、仕事で遅くなる京子に頼まれて、大介が佳秀を寝かしつける様子も映されていた。

 京子は、大介を介護の助け手にしていることに悩んでいた。京子の友人たちが、自分の子どもが20歳になったら家から出すと話しており、大介もそうだと伝えたところ、「出てっていいの?」と喜んだ反応が返ってきたそうで、「家にいなくちゃいけないと思ってたみたい」と番組スタッフに思いを話す。

 京子は佳秀を受け入れる施設を探すも、コロナ禍の状況であり、さらに、コロナがなくてもインフルエンザなどの感染症を防ぐため、希望する施設は11月から4月までは面会謝絶だという。

 一度、施設に入れたら、もう佳秀から家族の記憶は完全になくなってしまうだろうとためらいもあったようだが、京子は施設に入れることを決断する。

 京子の決断を聞いた大介は「(佳秀には)入ってほしくはなかったけど、お母さんが限界だからね」と、便まみれになっていた佳秀を京子が介護していたことをスタッフに話す。

 施設に入る前に、京子は家族や、佳秀と前妻との息子一家を集めパーティーを開いたが、佳秀は久しぶりに会う長男がまったくわからない様子で、自分が主役なのに何のパーティーなのかもよくわかっていないようだった。

 施設に行く当日、涙をこらえハンドルを握る京子と、父親を見つめる大介の横で佳秀はただニコニコしていた。感染症予防のため施設内に家族は入れず、玄関で別れを告げることになったが、佳秀は自分の状況を把握できていないようで、にこやかにスタッフと歩いていった。その背中を、残りの家族は見守った。

明日はわが身 若年性認知症の夫と生きる 南田 佐智恵 C:並 G0520B
忘れられてしまうことの悲しみと恐怖は深い

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

『ザ・ノンフィクション』若年性アルツハイマーの父親をケアする高3の息子「ボクと父ちゃんの記憶 ~家族の思い出 別れの時~」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 『ザ・ノンフィクション』レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!