『ザ・ノンフィクション』レビュー

『ザ・ノンフィクション』フォロワー40万人、20歳の六本木ダンサーの悩みとは「夢と涙の六本木 2~ミレイとモモの上京物語~」

2021/05/24 17:52
石徹白未亜(いとしろ・みあ)

日曜昼のドキュメント『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。5月23日の放送は「夢と涙の六本木 2~ミレイとモモの上京物語~」。

『ザ・ノンフィクション』フォロワー40万人、20歳の六本木ダンサーの悩み「夢と涙の六本木 2~ミレイとモモの上京物語~」の画像1
『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)公式サイトより

あらすじ

 東京・六本木の日本最大級のショークラブで働く二人の二十歳の「上京女性」を見つめる。1人目はミレイ。2020年秋、故郷・熊本から上京する。芸能界を目指し高校卒業後、さまざまなオーディションに応募をしていたのだが落選続きで、最後のチャンスとしてショークラブを選ぶ。女手一つで育てた母は、当初ミレイの上京に猛反対していたが、最後はミレイの背中を押す。

 しかしミレイは接客も酒も苦手。人見知りで高校時代不登校になりかけたこともあり、その時ミレイに話しかけてくれた友人も、ミレイがショークラブで働くことに驚いた様子だった。

 いざ働き始めるも、酒もほとんど飲めず、接客も苦手なミレイは徐々にホールに出る時間やレッスンで遅刻が目立っていき、マネジャーに呼び出され滔々と諭され涙するも、返事は最後まで「はい」ではなく「うん」だった。

 番組上ではミレイの言葉はあまり聞かれず、何を考えているのか今一つわからなかったが、実家から母の手紙とクッキーの差し入れがあったときは涙を流し喜んでいた。

 もう一人は同じ店で働くモモ。2年前香川から上京し、最初は店に馴染めず、続くかどうか危なげな様子だった。しかし今やすっかり人気者になって、ミレイが入店した時はフロアの客に明るく慣れた様子でミレイを紹介していた。

 モモが常連客を増やすために注力したのが、TikTokなど、各種SNSでの発信、動画投稿だ。退勤後の早朝、午前5時、自宅で撮影用ライトを設置し自分で撮影から編集まですべてこなし動画を投稿していた。努力の甲斐ありフォロワー総数は40万人を超え、その際は店で記念パーティーも行われた。

 モモは幼少期の転校が多く、いじめられたこともあり、自分の存在を認めてほしい、人気者になりたいという思いを叶えるため六本木にやってきた。その夢はSNSを通じ現実となったが、一方、SNSでの心ない中傷や、人気キャストゆえにホールであまりモモが対応できないことに文句を言う客など、接客での苦労が増え、常連客が心配するほど表情が疲れていく。

 モモは一度香川に帰省。家族に気持ちを打ち明け、英気を養い六本木に戻る。ショークラブはコロナの影響を受けつつも、今日もミレイ、モモは六本木の町で働いている。

▼前回の上京物語(モモの上京当初)▼

フォロワー40万人のモモに気になること

 実家でリフレッシュできたモモは番組の最後に「みんなに元気を与えられるよう頑張りたい」と話していたが、それよりもモモは、自分の元気を奪っていく「痛客」のあしらい方を習得したほうがいいのではないかと思った。客をえり好みするようで、贅沢かもしれないが、モモには累計40万人がいるのだ。

 自分の誕生日にモモが出勤していないことに文句を言う客や、人気キャストであるモモの接客時間が短いことに文句を言う客は「痛客」「痛ファン」に思える。まして、本名では絶対に書けないであろう心ない中傷をモモのSNSに残す人らに至っては、店に金を落とす「客」ですらない、ただの「痛い人」の可能性が高い。

 そんな痛い面々に心を乱されるのはもったいないことだと思う。「批判も貴重なご意見」は相手がまっとうな場合にしか該当しないし、憂さ晴らしのような発言に付き合う必要はないだろう。

ここは退屈迎えに来て
東京はまだ憧れの街ですか?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

『ザ・ノンフィクション』フォロワー40万人、20歳の六本木ダンサーの悩みとは「夢と涙の六本木 2~ミレイとモモの上京物語~」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 『ザ・ノンフィクション』レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!