サイゾーウーマン編集部員が選ぶ、「この記事、読んでほしかった!」ベストセレクション12

2020/12/31 10:00
サイゾーウーマン編集部
(C)サイゾーウーマン

 2020年、サイゾーウーマンが公開した記事本数はざっと4,800本。ジャニーズから芸能ニュース、皇室や料理レシピにマンガまで展開される雑食サイトだけに、よほどのサイ女マニアでも全記事完読は困難だったのではないでしょうか。

 それゆえか、4,800本の記事の中には、編集部員がいまいち手応えを感じられなかった記事も。「こんなに面白いのに読まれてない!」「もっと共感してもらえるはずなのに、読者に届いてない!」「ひょっとして、ブックマークしたまま忘れられている……?」など、あらぬ不安を抱いている記事もあるんです。

 そこで今回は、いま一度読者の皆々様にお届けしたい記事を、編集部員のパワープッシュコメントとともに12本ご紹介。芸能やゴシップだけではない、サイ女の“深層”を知る上でも、ぜひチェックいただけたら幸いです。

全国の子育てテレワーカーの気持ちになりきって一刀両断!

「ガセ炎上」のテレワークマナー本徹底レビュー! オンライン会議の目線は「カメラの5~10センチ下」など、謎マナーだらけだった!!

 今年コロナ禍の影響からテレワークが急速に広がる中、マナー講師が鼻息荒くこの分野に参戦。特に、マナーコンサルタント・西出ひろ子氏が9月に出版した『超基本 テレワークマナーの教科書』(あさ出版)は、謎マナー続出の奇書だった——。そんな本書のレビュー記事では、「会議で相手が発言している時は、カメラの5〜10センチ下を見る」「始業時はパソコンに向かって『おはようございます。本日もよろしくお願いします』と声に出し一礼」といった、めんどくせ〜謎マナーをさばきつつ、「テレワーク中に子どもが泣き出したりぐずったりしたら?」という質問への回答を、全国の子育てテレワーカーの気持ちになりきって一刀両断! 謎マナーに怒りたい人にはおすすめの1本。

『愛の不時着』北朝鮮ウォッチャーの心に響いた5大シーン! リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)のキスシーンを“北から目線”で考察

 第4次韓流ブームの火付け役となった韓国ドラマ『愛の不時着』。「韓国の財閥令嬢が、パラグライダーで北朝鮮に不時着し、エリート将校に助けられて恋に落ちる」という、冷静に考えると“トンデモ”な匂いも漂う本作に、老若男女が大熱狂した。すでに何十回も繰り返し鑑賞しているファンも少なくないが、舞台となった北朝鮮目線でドラマを見てみると、新たな発見があるかも? 北朝鮮文化に造詣の深い北朝鮮音楽研究家・李銀河(り・うな)氏へのインタビューでは、北朝鮮ウォッチャーならではの“グッときたシーン”ベスト5を発表! リ・ジョンヒョクとユン・セリの初キスシーンは「韓国と北朝鮮の文化がうまく対比されている」の意味とは?

「令和のキャッツアイ」に騒然! 捜査三課の元刑事が語る、連続窃盗犯に“異名”がつくワケ

 今年1月に起こった、「令和のキャッツアイ」による窃盗事件を覚えているだろうか? 20代女性2人がホスト宅に侵入して盗みを働いた事件だが、彼女たちが捜査員の間で「令和のキャッツアイ」と呼ばれていたと伝えられると、そのネーミングセンスにネットは大興奮となった。そもそも連続窃盗犯は「風呂屋のミッチー」「ギャン(ブル場)のあぶさん」「デパ地下のさと婆」など、一度聞いたら忘れられない“異名”をつけられがち。その理由を探るため、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏にインタビューを行ったところ、意外な事実が発覚! 若き日の小川氏と「先生」の異名を持つ忍び込みの大ベテランの交流エピソードも明かされ、読後は心がほっこりするはずだ。

推し、燃ゆ
今年1年、ありがとうございました

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

サイゾーウーマン編集部員が選ぶ、「この記事、読んでほしかった!」ベストセレクション12のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! コラムのニュースならサイゾーウーマンへ!