【連載】“買い物狂い” の散財日記 第18回

メルカリで買った「Bランク」のシャネルのバッグに「ほつれ」が……リペアに挑戦し、一瞬で30万円を無価値にする女

2020/05/31 19:00
千葉N子(ちば・えぬこ)
【星作業中】コラムの画像1
イラスト・千葉N子


――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。

 因縁のシャネルのツイードのバッグ(連載第13回参照)が家に届く日になりました。その日、私は朝っぱらから部屋の中をウロウロし、妻のお産を待つ旦那のような気分でバッグを待っていました。うちの子は可愛いのか!? それともブスなのか!?

 ヤマト運輸さんのトラックの音が聞こえると、私は飛ぶように階段を降り、荷物を受け取りました。さぁさぁさぁ、切った張ったがこの世界。中途半端はいただけないねえ。ひとたび場にあがったからには白黒はっきり、ようござんすか。ようござんすか。よござんすね!!!!

 いざ、開封!!

「…………」

 おや? 私はゆっくりと手にとり、バッグを舐めるように見まわしました。

 うん、キレイ。キレイ!! 確かにツイード部分の糸が飛び出しているけど、キレイだわ! 

 届いたシャネルのバッグは、後ろ側の糸が少々飛び出しているのと、シャネルの文字の周りの色がゆがんでいる以外はとてもきれいな状態でした。ほ~、こりゃいい買い物したかもしんない! しかし、この糸が飛び出している部分があるせいで、中古感が出るなあ。この糸、切ってもらうわけにはいかんのかしら?

 調べてみると、シャネルの場合、中古で購入したものでも正規品であれば、修理してもらえるらしいのです。しかし、さらにその評判を見てみると……

「シャネルのリペアは想像以上に雑」と書かれた記事を見つけました。シャネルのバッグを直営店で修理してもらっても、コピー品と勘違いされるような仕上がりになる場合がある、というのです。特に人気アイテムの「マトラッセ」は、糊で貼ったような状態で戻ってくることもあるのだとか。「本当に直営店で修理しましたか?」と聞かれることもある……と、なぁに~~~!?!?

 さらに、内側の革をはがした場合、本体に示されているシリアルナンバーやブティックシールもはがれる……という恐ろしいことも書かれていました。シャネルが本物かどうかの確認は、ギャランティーカードとシリアルナンバーが一緒かどうかで判断するので、修理で番号が消えると査定価格が1割は変わるそうです。う~ん、なんてこったい。

 私がしてほしいのは、飛び出ている糸をカットするだけなんだよ……。それなのに、シャネルに持ち込んで高い修理費用をとられ、そのうえ、雑な直しをされたら目も当てられないよ……。

 そのとき、ふと私が愛用しているイオンのバッグ修理のお店のことを思い出しました。あそこなら、ちょこちょこっと糸を切ってくれるんじゃないかしら?

 そこで早速、電話で問い合わせてみることに。なにせ今回お願いしたいのは、30万円もする高級バッグ。断られる可能性も大です。ひやひやしながらスマホを握っていると、いつもリペアをしてくれるおばちゃんの声が聞こえてきました。

「あ~、糸ね。糸切るだけならすぐできますよ。簡単簡単。持ってきてくださ~い」

 え……?

「簡単ですよ、糸切るだけでしょ? ツイードの傷んだところの。あはは」

 あははって……そ、そんなに簡単なの……? あまりにも「簡単・簡単」と連呼されるので、拍子抜けした私……。そんな簡単なら、私もできるのではないか……?

 私はバッグを手に悩みました。確かにこの飛び出てる糸をちょんちょんと切るだけなら、あたいにもできると思う。お店で2,000円とられるなら、自分で切っちゃおうかな~!!

 嗚呼……。時を戻せるなら、あのときの自分をメリケンサックをつけたこぶしでぶん殴りたい……。

シャネル マトラッセ ウエストバッグ レザー ブラック×ゴールド金具 Aランク/中古 シャネルバッグ ポーチ
ギャランティーカードとシリアルナンバーは超大事

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

メルカリで買った「Bランク」のシャネルのバッグに「ほつれ」が……リペアに挑戦し、一瞬で30万円を無価値にする女のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! “買い物狂い” の散財日記のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ