【連載】スピリチュアルウォッチャー・黒猫ドラネコの“教祖様”注意報

「人殺してもいい」を唱える“トンデモ心理学”――スピリチュアルな心屋仁之助氏と人気争う“ナリ君”の正体

2020/05/28 20:00
黒猫ドラネコ(くろねこどらねこ)
「人殺してもいい」を唱えるトンデモスピリチュアル――心屋仁之助氏と人気を争うナリ君の正体の画像1
ナリ心理学公式サイトより

弱った心に入り込む、甘い言葉やラクに稼げそうな情報――。ネット上には、無責任な理論で集客しては人を食い物にするような、スピリチュアリスト、霊能者、民間資格カウンセラーなどがあふれています。彼らを信じ込んでしまえば、価値観や金銭感覚をゆがめられるのはあっという間。友人や家族を失ってからでは、もう遅い! 「スピリチュアルウォッチャー」黒猫ドラネコが、現代社会にのさばる怪しい“教祖様”を眼光鋭く分析します。

 まだまだ不安は尽きませんが、 ようやく緊急事態宣言が解除されましたね。期間中はネガティブな情報ばかりを目にして、気分が沈んでしまった方も多いのではないかと思います。ただ、一気に楽観視や奔放な考えばかりに触れようとするのも、少し危うい気がします。スピリチュアルや自己啓発系の“教祖様” にとっては稼ぎ時ですから。

 今回取り上げるのは、“ナリ君”という男性が布教している「ナリ心理学」というシロモノです。彼は朝日新聞社が運営するWebサイト「telling,」に連載を持っており、怪しいスピリチュアル界隈の主戦場ともいえる「Amebaブログ」のプロフェッショナル部門にて、あの心屋仁之助氏と上位を争う人気者。LINE LIVEの配信は、約1万人が視聴した回もあるとか。今、最も勢いのある“教祖様”と言っていいでしょう。

 ナリ君のホームページには、「3万人以上の相談者の『人生うまくいかないのですがどうしたらいい?』から見つけた笑いながら人生を楽にする『心の法則』ナリ心理学」と、なんだかスゴそうな宣伝が掲げられています。自己紹介ページを見ると、「株式会社ナリ心理学代表。1989年2月20日生まれのA型。長野県生まれ」という基本情報のほかに、「心理学や心のしくみを独学で学ぶ。寄せられる心の問題に対してブラックユーモアとツッコミ満載で書くブログが大好評。『なぜかささる』『不安が消えて毎日が楽しくなった』との口コミで圧倒的人気を誇る」という自慢が書かれていました。なお、「ブログのアクセスは月間400万PV超、メルマガとLINE@合わせた登録者数は約55,000人」とのこと。

 「株式会社ナリ心理学」という会社は、4年前に設立したばかりということも確認できます。最近では「オリジナル心理学をつくろう」といった動画をYouTubeにアップしており、「ナリ君が考えている、ナリ君がつくった心のことわり」と、ナリ心理学の内容を説明していました。つまり、「ナリ心理学」は歴史も浅く、独学で心理学を学んだ人が“勝手に考えたもの”だということです。心の専門家としてカウンセリングなどを行う「公認心理師」は、国家資格を持っていないと名乗れませんが、「ナリ心理学」を唱えるナリ君は、一体何者なのでしょうか?

「人殺していい」を唱えるトンデモ教祖様

 当コラムでこれまで取り上げてきた人物とナリ君の異なる点は、「神様が教えてくれた」「エネルギーが与えられる」「前世から運命が決まっていた」などなど、“スピった”言葉をほとんど発しないところ。とはいえ、ナリ君のSNSを見ると、子宮委員長八木さやの元夫・岡田哲也氏や、心屋氏らとの交流があることがわかります。また、ファン層もほとんど変わらないようで、子宮系女子や心屋心理学からナリ君に“教祖様”を乗り換えたり、ハシゴしたりしている人をチラホラ見かけます。

 ナリ心理学の特徴は、“常に軽口”ということ。自虐ネタを織り交ぜつつ、読者の悩みを斬っていくようなブログ構成ですが、信じがたい言葉も並んでいます。たとえば2019年6月12日のブログには、「暴言吐いてくる人の顔面を殴らない理由があるなら教えてほしい」と書かれています。さらに、同年11月27日には、「人殺していいし」「犯罪してもいいし」「虐待してもいいし」「死んでもいいし」とつづっています。この日のブログを一生懸命読み進めたところ、「あなたは存在してる時点で、それでいいやん」と言いたいらしいです。しかし、日本は法治国家ですし、死んだら存在することにならないので、何が「いいやん」なのか謎。このほかにも、「こんなこと書いて大丈夫なのか?」という文章を挙げればキリがありません。こうした過激な内容をつづる際、毎回「頭柔らかくして読んで」などと“逃げ”を作るところもドン引きですね。

 ナリ君の主だった教義は、「あなたはダイヤモンド」だそう。なんでも「いいやん」で片付けるように、自己肯定感を上げれば傷つかないということでしょうか? しかし、人の悩みは千差万別。ポジティブな考え方が必ずいい方向に作用するとは限りませんよね。明るく前向きで答えっぽい、ぼんやりとした解決法を示されても、なんとなく当てはまる感じがして、問題が解決した気分になるだけです。思い込みの激しい人は、「何をしても大丈夫だ」と増長するのが関の山でしょう。怪しいスピ系にハマり、そういう思想を持ってしまった人を見てきましたから。

あなた、何様?
信者ビジネスって本当にぼろい商売だわ……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「人殺してもいい」を唱える“トンデモ心理学”――スピリチュアルな心屋仁之助氏と人気争う“ナリ君”の正体のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! スピリチュアルコラム黒猫ドラネコの“教祖様”注意報のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ