身辺整理はしっかりね

豆柴の大群・ナオ、JO1・金城、EXIT・兼近……未成年時の問題露呈で物議を醸した有名人たち

2020/02/24 12:00
サイゾーウーマン編集部
「罪の意識がない」「美談にするな!」未成年時の問題行動露呈で物議を醸した有名人たちの画像1
ナオ・オブ・ナオ公式Twitterより

 2月18日発売の「フラッシュ」(光文社)が、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)から誕生した5人組女性アイドルグループ「豆柴の大群」のメンバー、ナオ・オブ・ナオの“未成年飲酒”を報道。同日にはナオ本人や所属事務所・WACKの代表である渡辺淳之介氏もコメントを発表したが、ネット上にはさまざまな声が飛び交っている。

「2019年11月に始動した番組企画『MONSTER IDOL』において、安田大サーカス・クロちゃんのプロデュースのもと、オーディションによって16人の候補生の中から選ばれたメンバーで結成された『豆柴の大群』。翌12月に1stシングル『りスタート』でメジャーデビューを果たし、番組のルールによりクロちゃんがプロデューサーを解任されてからは、WACKの渡辺氏のもとで活動を展開しています」(芸能ライター)

 そんな中、「フラッシュ」は18年11月、当時19歳のナオが飲み会に参加していた様子を写真付きでスクープ。これを受け、渡辺氏は「本人へ確認したところ、完全に事実と確認できました」と発表し、ナオも自身のTwitterで謝罪した。

「ネット上のファンからは、『グループ発足前のことだし、そこまで騒ぎ立てなくてもいいのでは?』という意見も寄せられていますが、一方で『法律は守らないといけないし、未成年でも安易に擁護すべきではない』『アイドルを目指していた人の行動とは思えない。その程度の覚悟だったのね、ってガッカリした』など、厳しい声も少なくありません。なお、今月2日には、男性アイドルグループ・JO1(ジェイオーワン)のメンバー・金城碧海(きんじょう・すかい)も、ネット上に未成年飲酒をうかがわせる画像が流出。所属事務所のLAPONE ENTERTAINMENTによれば、飲酒は事実とし、本人に厳重注意したようですが、金城は問題なく活動を続けているようです」(同)

 現状、ナオもグループ活動を継続するとみられるが、こうした“未成年時の不祥事”が露呈した場合、本人サイドの対応や世間の反応はさまざまだ。

「昨年12月にニュースサイト『デイリー新潮』によって“19歳当時の飲酒および喫煙”を報じられた兎凪さやかは、それまで在籍していたアイドルグループ・ZOCから脱退しています。一方、同9月発売の『週刊文春』(文藝春秋)で“未成年時の犯罪で逮捕歴”が明らかになったEXIT・兼近大樹は、現在も活動を継続中です」(マスコミ関係者)

 兼近は、吉本興業に所属する以前の11年11月、20歳の時に未成年時の売春防止法違反容疑で逮捕されていたことなどを報じられた。

「EXITの“パリピ系だけど実は良いヤツ”というイメージもあってか、報道があった当初、ネット上には擁護するファンも散見されました。吉本側も、兼近の前科が未成年時のものであることなどから、日本弁護士連合会に対して人権救済申立てを行っています。しかしその後、兼近がバラエティ番組『爆報!THEフライデー 緊急2時間SP』(TBS系、昨年10月放送)に出演して“逮捕歴”を語ったり、放送後にTwitterで『自伝的小説の執筆に取り組んでいます』と発表したことには、一部ネットユーザーから『犯罪話で金儲けしようとしてない?』『お涙頂戴のテレビ出演に、自叙伝まで出すなんて……。犯罪歴をネタにしないで』といった批判も続出しました」(同)

 とはいえ、兼近は報道当初から謝罪コメントを出すなど、本人なりの“自覚”はあるもよう。これとは逆に歌手・和田アキ子は、過去の法律違反を自白したところ、ネット上で「罪の意識がなさすぎる!」と、物議を醸した。

「08年放送の『アッコにおまかせ!』(同)でジャーナリスト・筑紫哲也さんが亡くなったニュースを取り上げた際、和田は筑紫さんとの思い出について言及。その中で、デビュー当時10代後半だった和田の喫煙に“見ていないフリ”をしてくれたというエピソードや、一緒に“賭け麻雀”をしていたことを思わせるような発言をしたため、番組サイドから『未成年の喫煙と賭け麻雀は禁止されている』といったフォローが入る一幕も。ネットユーザーの間では、『和田が平気で暴露していたのを見るに、本人は“悪いこと”とは思ってないんだろうな』『ジャーナリストが未成年の喫煙を見逃したってことでしょう? それを美談みたいに語る和田はヤバすぎ』などと騒がれました」(同)

 和田は当時、『NHK紅白歌合戦』の常連だったため、「こんなヤツ『紅白』に出すな!」という声も噴出。結局、15年を最後に出場は途絶えているが、いつかまたお呼びがかかることを本人が願っているのだとしたら、普段から不用意な発言には気をつけたほうがよさそうだ。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/02/24 12:00
豆柴の大群 大丈夫サンライズ<タワーレコード限定> 12cmCD Single
飲酒より一緒に写ってた男のほうが気になるわ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「罪の意識がない」「美談にするな!」未成年時の問題行動露呈で物議を醸した有名人たちのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレント男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!