“中学受験”に見る親と子の姿

中学受験のお試し校に不合格! 「私の費やした時間、お金……」母がぶつけた“言ってはいけない言葉”

2019/12/29 19:00
鳥居りんこ(とりい・りんこ)

中学受験は、親の成熟度を測るリトマス試験紙?

 それからだ。浩平君にスイッチが入る。「ママ、僕、わかったから」とだけ浩平君は言ったそうだ。

 これで勢いづいた浩平君は、もちろん、2月1日からの入試は快進撃。本命校はもちろん、チャレンジ校まで、受験校全てに合格した。

「もちろん、結果オーライなだけです。あのまま不戦敗も十分あり得ました。浩平のようにおとなしく、感情を露わにしない子でも、何も感じていないわけじゃない。それどころか、プライドを保つためにわざとポーカーフェイスって面もあったんだと思います。それなのに、私は子どもで、自分のいら立ちを我が子にぶつけるような始末で……。中学受験って親の成熟度を測るリトマス試験紙みたいな面がありますよね」

 「浩平君は何がわかったと言ったと思うか?」という筆者の質問に、真奈美さんは微笑みながら、こう答えた。

「さあ、わかりません。ママの方が子どもだってことがわかったのか……、それとも、勉強の仕方か、あるいは、人生の教訓なのかもしれません」

 浩平君は現在中2、反抗期真っ盛り。最近では、真奈美さんのことを「ママ」でも「お母さん」でも「おふくろ」でもなく、「真奈美さん」と呼んでいるという。先日、そんな彼が、真奈美さんに対して、こんな言葉をかけてくれたそうだ。

「真奈美さん、あの時、俺に『自分の人生は自分で決めろ』って言ってくれてありがとう。なんかうれしかったわ」

 12歳、何も考えていないように見えたとしても、彼らは成長している。中学受験は、親の至らなさをあらわにするものである一方、それさえも乗り越えていく子どもの成長を、確認できるものなのかもしれない。

鳥居りんこ(とりい・りんこ)

鳥居りんこ(とりい・りんこ)

エッセイスト、教育・子育てアドバイザー、受験カウンセラー、介護アドバイザー。我が子と二人三脚で中学受験に挑んだ実体験をもとにした『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などで知られ、長年、中学受験の取材し続けている。その他、子育て、夫婦関係、介護など、特に女性を悩ませる問題について執筆活動を展開。

記事一覧

湘南オバちゃんクラブ

最終更新:2019/12/29 19:00
中学受験案内(2020年度用)
中学受験生の皆さん、風邪対策しっかりね!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

中学受験のお試し校に不合格! 「私の費やした時間、お金……」母がぶつけた“言ってはいけない言葉”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! “中学受験”に見る親と子の姿のニュースならサイゾーウーマンへ!