【ジャニーズJr.チャンネル便り】

SixTONES・田中の“激変”にファン動揺、Travis Japan・中村が真の“うみんちゅ”に【ジャニーズJr.チャンネル】

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、Snow Man(水曜)Travis Japan(木曜)SixTONES(金曜)東京B少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、7月11日~17日公開の動画をチェックします!

Travis Japan、“海の男”が驚異の記録を叩き出す

 11日の動画は「Travis Japan【空飛べる?】夏の海を満喫!ジェットブレードで飛んでみた」で、神奈川県・逗子市のリビエラ逗子マリーナにて、CMなどで見かけるマリンスポーツ・ジェットブレードにトライしている。そもそもジェットブレードとは、水上バイクから勢いよく排出される水圧を使い、“海の上を飛べる”というアクティビティ。今回は「フライフィールド逗子」の協力を得て、“誰が長く飛んでいられるか”のバランス対決を行った。

 足に特殊なブレードをつけた状態で飛び出さなければならないが、一番手の松田元太は練習の時点で慣れ始め、本番は7秒50で終了。次の吉澤閑也は「今日、体調悪い」と急に怖気づき、記録は3秒06と、無残な結果だった。そして、個人的に意外な活躍を見せたのは、中性的なビジュアル&ぶりっ子キャラの七五三掛龍也。スタート時こそ“前髪の崩れ”を気にかけて競技に集中していない様子だったものの、一発で浮上に成功したのだ。ここで、中村海人が「正直言ってシメね、さっきめちゃめちゃ(説明を)聞いてた」と暴露し、川島如恵留は「やっぱ何事も実技の前にはね、座学が必要なんだよね」と、七五三掛の姿勢を支持。ところが、練習時の安定はどこへやら、本番は5秒03で引き上げた。

 アクロバットが得意な川島は体幹がしっかりしているためか、メンバーも驚くほどのバランス感覚を披露(タイムは13秒63)。かたや、グループの顔である宮近海斗は体勢を整えるのも一苦労で、なかなか立てず10分が経過。本番も上半身がピョコピョコと動くのみで、記録はまさかの0秒となってしまった。戻ってくるなり、「俺は水泳とかやってたんだけど、苦手だったこと思い出した」と明かし、メンバーは大爆笑。

 神奈川出身の松倉海斗は「見せてやるぜ! 湘南の!」と意気込み、合間にも「友だちになってる気がする。海と、そして大地と空と」と、独特な表現でコメント。話している途中、施設スタッフに「OK、いいですよ~」と打ち切られたほか、最後に「楽しかった。湘南の海を信頼して、まぁ家族なんで。そういうひとつ……」とカッコつけた際も、編集サイドにバッサリとカットされるという、不憫な松倉だった(2秒03でフィニッシュ)。ラストの中村は「海が怖くなってきた」「ヤバイ! できない!」とボヤくも、「お前は海の人だろ。お前が一番。できる!」と、川島が名前にかけてエール。次第にコツを掴んだ中村は、本番でも持ちこたえ、6人を大幅に上回る1分7秒96の高記録を樹立した。

 ビリの宮近は「次回の収録時、語尾に『だわさ』と必ず言わなくてはいけない」との罰ゲームが決定。コメント欄やSNS上のファンは「ちゃかちゃん(宮近の愛称)、歌もダンスも演技もなんでもできるのに、ジェットブレードがうまくできないのめちゃくちゃ可愛い」「うみんちゅ(中村の愛称)の体幹の強さ、底力に拍手」「さすが海の人、うみんちゅ!」「海人が史上最高にうみんちゅしてる!」「うみの体幹が素晴らしい! 名前に海が付く人が3人もいるグループにピッタリの企画で楽しかった」と反応していた。再生回数は19日時点で22万台。

海人
うみ、頑張ったな!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

SixTONES・田中の“激変”にファン動揺、Travis Japan・中村が真の“うみんちゅ”に【ジャニーズJr.チャンネル】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズJr.美 少年のニュースならサイゾーウーマンへ!