【ジャニーズJr.チャンネル便り】

「オシッコしたい」発言の美 少年・佐藤、SixTONES・田中がイチモツ“ポロリ”【ジャニーズJr.チャンネル週報】

2019/07/07 21:00
中村チズ子

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、Snow Man(水曜)Travis Japan(木曜)SixTONES(金曜)東京B少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、6月27日~7月3日公開の動画をチェックします!

Travis Japan・ツッコミ王は意外なメンバー?

 27日に配信されたのは「Travis Japan【ツッコミかるた】トラジャで一番のツッコミ上手は誰だ!?」(再生回数は7月5日時点で19万台)。巷で話題のカードゲーム「ツッコミかるた」を使い、“誰が一番のツッコミ王なのか”を争うゲーム企画だ。ルールは、親が山札からトークテーマカードを引き、そこに書かれている内容を話す中でボケを挟み、その他メンバー(子)があらかじめ並べられたカードをもとにツッコミを入れるというもの。ツッコミが適切だった場合はカード獲得となり、最終的に多く持っていた人が勝者になる。

 まずは練習試合を始め、七五三掛龍也が親のターンでは「好きなゲーム」のお題を受け、「最近、銃撃戦のゲームにハマってて」と、切り出した。頬にOKポーズを添えながら「しず(吉澤閑也)とやる……」と続けると、川島如恵留が「ローラか!」のカードにタッチしつつ指摘。ところが、七五三掛の隣にいる松倉海斗は「ローラか!」と本人の頭を直接はたいてしまい、カード無視の天然ボケを発揮する場面もあった。そんな松倉が親になった際は、相棒的存在の松田元太が的確にツッコんだ一方、松田の番で松倉が言い当てるなど、“松松コンビ”の相性はバッチリ。練習はいつも会話のまとめ役を担っている川島が最多の3枚をゲットしており、「普段気張ってる分」(宮近海斗)「アンテナがあるから」(松倉)と、メンバーも納得の結果だった。

 以降の本番で、松倉はボケが思いつかずにモタついたほか、基本的におっとりした性格の七五三掛が瞬時に反応できず、ツッコミに苦戦。2周した末に、最高ポイントだったのは川島ではなく宮近で、七五三掛に至っては0枚の大惨敗。本人のキャラクター的に、どちらかと言えばボケ側の宮近がツッコミ王になったのは意外にも思えるが、七五三掛の“アヒル口ボケ”を見逃さなかったり、中村海人の「俺、自撮り大好きだから」発言に対して、すぐに「嘘だろ!」「そういうの興味ないもんね」と気づいたあたり、6人の性格をよく理解している点や観察眼が勝利の決め手になったのかもしれない。

 ファンはポンコツ・七五三掛の言動にキュンときたのか、コメント欄は「しめちゃんの0ポイントは想定内すぎて笑える」「しめちゃん、頑張ってツッコもうとしてるのに1ポイントも取れなくて可愛すぎ。本当に天使」「一生懸命やってるのに、ツッコミ苦手なしめちゃん可愛い」といった感想が上がっている。

KAT-TUN 3 -QUEEN OF PIRATES-
樹にはお兄さんのようなパールは入ってないよね!?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「オシッコしたい」発言の美 少年・佐藤、SixTONES・田中がイチモツ“ポロリ”【ジャニーズJr.チャンネル週報】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズJr.SixTONESのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ