松本人志がNGT48問題でセカンドレイプ!! 『ワイドナショー』をBPOに訴える動き

連日ワイドショーに取り上げられ続け、社会問題の様相を呈してきたNGT48の問題。1月13日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)は指原莉乃をゲストに迎えてこの騒動を取り扱ったのだが、そのなかで松本人志から許し難い言動があった。

 指原莉乃は番組で、NGT48の運営およびAKSがとった問題への対応について、<すべての対応がひどかったように感じます。彼女に対する対応の仕方もそうですし、こうなってしまった後の対応もすべてが間違っていたなっていうふうに思います><今回、私が一番問題だと思ったのは、とにかく誰がトップなのか、誰が仕切っているのか、本当に私ですら分からない状態なんです。今回の運営のコメントも、誰の名前も出ず、誰の顔も出ず、誰が書いているのかも分からないコメントを中途半端に出した>と批判した。

 指原莉乃は今年の4月でAKB48グループから卒業する予定だが、自分がいなくなった後のAKB48グループには、運営に対して不満を述べることができるような人がいなくなってしまうことを憂慮しているようで、<今回のことがあって余計に、メンバーと運営の間に立つ人間が少な過ぎるので、そのケアはこれからもしたいなと思った>とも語ったのだが、それに対して松本人志はこんな言葉を投げかけたのだ。

<お得意の身体を使ってなんかするとかさ>

 あんまりな言葉に指原は一瞬凍り付くも、空気を壊さないように苦笑いを浮かべながら、<なにを言ってるんですか。ヤバッ>と返したが、松本の発言は<ヤバッ>では済まない。

 報じられている通り、今回のNGT48の事件は、メンバーの山口真帆がファンの男から暴行を受けたということだけではない。グループを運営するスタッフ、および経営陣への不信が騒動を拡大させている。

 そもそも、<お得意の身体を使ってなんかするとかさ>などという発言自体があり得ないことは言うまでもないが、今回のケースでは女性に対する性暴力の話題を扱っているわけで、そんななかこんなコメントができる松本の神経はどうかしていると言わざるを得ない。

 ちなみに、1月13日放送回の『ワイドナショー』では、女子レスリングの吉田沙保里選手の引退について扱ったコーナーでも、吉田沙保里選手に対して<リスペクトしかないですね>と言った口でこんなコメントをしていた。

<機会があれば朝まで高速タックルしてもらいたい。グリングリン回されてみたいですね。朝まで。ヒーヒー言うぐらい>

松本人志「我々はセクハラ込みでトークするお仕事」
 あまりの言動に唖然とする他ないが、松本はこういったコメントを気の利いた面白いジョークだと認識しているのだろう。

 というのも、松本は以前、<我々はセクハラ込みでトークするお仕事>などと自信満々に語っていたことがあったからだ。

 日本陸上競技連盟の瀬古利彦氏が、テレビ局関係者との酒席で女性アナウンサーに対しアンダーヘアの色をからかうような発言をしたとして問題となったニュースを扱った際、松本は自信満々にこう言い切ったのだ。

<難しいところでね。素人がこういうセクハラを操っちゃダメなんですよ。我々はセクハラ込みでトークするお仕事なので、それこそ『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)なんてさ、お酒飲みながら女性ゲストと喋るのに、下ネタいっさい禁止なんて成立しないんでね>(2018年8月12日放送『ワイドナショー』)

 『ワイドナショー』のなかで松本は「セカンドレイプ」そのものの発言も繰り返しているが、彼の壊れた倫理観のなかでは、それも「プロの笑芸」との自己評価になるようだ。

松本人志が放ったセカンドレイプ発言
 2018年4月22日放送回ではこんなこともあった。財務省の福田淳一前事務次官によるテレビ朝日女性記者へのセクハラ問題を扱った際、彼はあろうことか「テレビ朝日女性記者によるハニートラップではないのか」という意見を開陳したのだ。

<テレ朝さんは『いやいや、違う』と。『セクハラがすべてだ』って言うんだけど、でもそこに行かせたんだったら、これはパワハラじゃないのか?ということになってくると僕は思うんですね。でも、テレ朝さんが『いや、パワハラじゃない』と言うのであれば、だったら、この女性は自ら前のめりにこの一年間取材をしてたんかということになってくる。そうなったらなったで、これはハニトラじゃないのか?ってことになってくる。どれも全部一本じゃないと僕は思うんですね。だから、私の見解としましては、セクハラ6、パワハラ3、ハニトラ1でどうですか?>

 これに対し、山崎夕貴アナウンサーは<(ハニトラは)考えにくいと思います><パワハラに関しては、上司からこの人に取材するようにっていう担当が決められちゃったら、嫌なことがあってもすぐに上司に上げるっていうことは、自分のなかで責任感があったらなかなかできない>と至極真っ当な反論をするが、それでも松本は<でもね、ハニトラないかな?>と、納得のいかない反応を貫いていた。

松本人志の発言をそのまま放送に乗せたフジテレビの責任
 今回問題となっている<お得意の身体を使ってなんかするとかさ>発言につういて考える際、もうひとつ指摘しなくてはならないのは、番組を制作するフジテレビ側の責任だ。

 『ワイドナショー』は時事問題を扱っており、報道番組の範疇に入る番組だが、生放送ではない。指原のツイートによれば、1月13日放送回の番組は、1月11日に収録されたもののようだ。

 『ワイドナショー』は「撮って出し」形式ではないので、スタッフによる編集作業を経て放送されている。それでもなお<お得意の身体を使ってなんかするとかさ>という発言が残されていたということは、性暴力被害のニュースを扱う文脈のなかでこのような発言がなされることの異常性に誰も気がつかなかったということを意味する。

 実際には問題視していたとしても、松本への配慮からカットすることができなかった可能性もあるが、どちらにせよ、そのような番組制作体制は問題だろう。

 『ワイドナショー』における松本の発言はしばしば炎上し、ネットニュースの定番ネタとなって久しいが、さすがに今回の一件は正常な倫理観の範疇を逸脱し過ぎている。今回の放送回についてはBPO(放送倫理・番組向上機構)の審議入りに値する案件なのではないかとの声も多くあり、インターネット上ではすでにBPOに対して呼びかけを行う動きも出ている。

 どれだけ問題視されても、修正されるどころか、どんどんひどくなっていく『ワイドナショー』。松本はもちろん、フジテレビの姿勢も問われている。

(倉野尾 実)

最終更新:2019/01/15 20:00

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

松本人志がNGT48問題でセカンドレイプ!! 『ワイドナショー』をBPOに訴える動きのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!