“噂の女”神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第443回】

「女性セブン」の石原さとみ破局を否定し、“年内結婚説”を報じる「女性自身」への疑問

「女性自身」1月29日号(光文社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 竹田恒和・日本オリンピック委員会(JOC)会長が、東京五輪の汚職疑惑で先ほど会見を行った。質疑応答なしという異例のもので、マスコミも“潔白”という竹田氏の言葉をそのまま垂れ流すだろう。大手マスコミも東京五輪のオフィシャルパートナー・サポーターだもんね。

第443回(1/10〜1/15発売号より)
1位「結婚へ! 石原さとみ 公認両親と水入らず『最後のお正月』 独占目撃」(「女性自身」1月29日号)
2位「吉田沙保里 『金よりママタレ!』引退決断にあった『子供は産むな!』“パワハラ呪縛”からの解放!」(「女性自身」1月29日号)
3位「ビートたけし 本妻が恨告白『愛人とは絶対に再婚させない!』」(「女性自身」1月29日号)
※ 「女性セブン」は合併号休み

 ほほぉ〜。そうきたか。先週の「女性セブン」が報じた石原さとみとSHOWROOM・前田裕二社長の破局。ところが、今週の「女性自身」は破局説を真っ向否定、返す刀で年内結婚をぶち上げた。

 「自身」によれば、すでに前田社長は石原の両親に挨拶済み。そのため年内結婚も現実味を帯びてきたという。

 だが、もう一つ、結婚説について面白い立証をしている。それが石原の両親の“様子”だ。「自身」は1月2日、娘に会いに来たという両親の姿をキャッチし、追跡している。しかも娘の石原と合流する以前から。

 その目撃談は詳細だ。母親が娘への高級ブランドの手土産を持っていたこと、途中で3人分の弁当を買ったこと。娘に会うため、待たせてあったタクシーに乗るところから追いかけているのだ。そして両親の表情が“満面の笑み”であったことや、帰路につく際も“足取りが軽かった”ことなどを根拠に、「娘が破局したようにはとても見えなかった」「一家のこれからが明るいものであるとうかがえた」だって。

 面白い。芸能人結婚の根拠記事としては、かなり珍しい描写だしね。

 そして大きな疑問も湧く。一般人である石原両親をなぜ判別できたのか。待たせていたタクシーに乗るところから、なぜ追いかけられたのか。情報源は誰? 石原の事務所のホリプロ関係? それとも両親事情にも詳しいはずの学会関係?

 なんとも興味深い記事だ。でも年内結婚というのはどうだろう。やはり、石原周辺ネタをスクープしてきた「セブン」の破局説の方を、現時点では支持したいと思う。

アンナチュラル Blu-ray BOX

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「女性セブン」の石原さとみ破局を否定し、“年内結婚説”を報じる「女性自身」への疑問のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性週刊誌ぶった斬り!のニュースならサイゾーウーマンへ!