「ママ活」擁護の声に募る違和感 「ママ活「パパ活」が孕む犯罪の危険性に理解を

 「パパ活」―――若い女性が年上男性と食事やデートをする代わりに、金銭的な援助を受ける行為を示すワードとして社会に浸透した。そして今、「ママ活」なるワードも“ブーム”の兆しを見せている。11月5日、福岡県警筑紫野署が「ママ活」志望の男子高校生を補導したと報じられたことがきっかけだ。

 Twitter上で「福岡 17さい ままかつしたい#ママ活募集」と書き込及んだ福岡市内の高校2年の男子生徒(17)が、同署に補導された。女性署員が男子生徒の書き込みを発見し、身分を隠してメッセージを送ったところ、男子生徒は「2時間カフェでまったり会うので7000円」と具体的な料金を提示してきたという。不特定多数に交際を呼びかける「ママ活」が不良行為に当たるとして、男子生徒は待ち合わせ場所で補導された。

 今回はいわゆる囮捜査だったが、もし実際に「ママ」がリプライやDMを送っていれば、「2時間カフェでまったり会う」ことをきっかけに、性的行為に及ぶことも懸念される。警察の補導は、未成年の男子生徒を性犯罪から保護する目的だったろう。もちろん、「ママ」が未成年の男子生徒と肉体関係を持てば、犯罪行為として「ママ」の逮捕事案となる。

 実際にTwitter上には、「ママさん募集中です。 寂しがりやのDK(男子高校生)です」「ピチピチの19歳大学生です! お泊り2万円から!」など、嘘かまことか「ママ」を募集する未成年の書き込みが多数見受けられる。他方で、「25歳以下の顔のきれいな男の子の支援をしたいです」「若いイケメンの子、お財布困ってたらDMください」と、年上女性が若い男性への支援を申し出る書き込みも少なくない。

 「ママ活」というワードのインパクトは大きく、多数のメディアがこのニュースを取り上げた。しかし、いずれも事の重大さを見誤っているようだ。

 5日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)は、「ママ活」をトピックに上げ、コメンテーターの若林史江(41)が、「ママからすれば、誰かに聞いて欲しいということがある。昔の飲み友達とかが家庭に入って離れちゃって、ママ友にも汚い部分を見せられない。高校生や未成年がいいという訳じゃなくて、旦那には話せないけど誰かに聞いて欲しいことがある」と、一定の理解を示していた。

 さらに、コメンテーターのマツコ・デラックス(46)も、「不貞行為をしていないわけだから、高校生じゃなかったらいいのかなと思う。20歳を過ぎている人だとしたら、そんなに悪いことなのかなと思っちゃう」と、未成年でないことを条件としながらも歯切れの悪いコメント残している。

 また、8日放送の『ビビット』(TBS系)では、MCの国分太一(44)が「ママ活」への持論を展開。国分が「『ママ活』っていうこのワードもちょっと気にはなりますよね。違う言い方になればまだ使いやすい。『人生のハーフタイム』とか」と述べると、コメンテーターのテリー伊藤(68)は「なにがハーフタイム?」と突っ込んだ。国分は、「ちょっと休憩しましょう、みたいな。女性側が」と、アサッテの方向にコメントを流していた。

 「ママ活」によって当事者が犯罪に巻き込まれる可能性を考えれば、上記のような浅薄な見解をテレビで垂れ流すことは、決して褒められたことではない。メディアの取り上げ方や芸能人の反応によって、「ママ活」が軽んじられる風潮が世間に出来上がりつつあることは考えものだろう。

 「ママ活」が登場した背景には、「パパ活」のブームがあることは疑いようもない。「パパ活」は若い女性が年上男性と食事やデートをして金銭を貰う行為を指すが、その定義は曖昧だ。性的関係を結ぶことも珍しくなく、援助交際や愛人関係と変わらない。

 性的な写真や動画を撮られて脅されたり、望まぬ性行為を強制されたりなどの性被害につながる可能性もある危険な行為だが、ここ数年はネットニュースや「パパ活」を題材にしたドラマの影響から知名度がいっきに増し、出来心で「パパ活」に及ぶ女性が急増しているようだ。いまや、女子高生など未成年にも裾野が広がり、社会問題に発展している。

 とくにトラブルに巻き込まれる可能性の高い未成年は、その多くがTwitterなどのSNSを通じて「パパ」を募集している。そのため、福岡県警は「サイバーパトロール」を強化しているという(2018年10月12日付の読売新聞より)。昨年11月、福岡県警の署員がネットの書き込みにメッセージを送ったところ、待ち合わせ場所に現れた16歳の女子生徒は「興味本位だった」と供述したという。しかしその後の調べで、女子生徒はネットで知り合った50代の男から現金を受け取り性的な関係を持っていたことが判明し、福岡県警は男を児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕している。

 「パパ活」で未成年と性行為に及べば、処罰の対象になることは明白だ。もちろん、それは「ママ活」とて同じこと。身体も心も成長途上にある18歳未満の少年少女は、性被害に遭わぬよう守られるべきであり、そこに性差はない。「ママ活」への安易な見解を垂れ流すメディアは、その危険性を自覚するべきだろう。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「ママ活」擁護の声に募る違和感 「ママ活「パパ活」が孕む犯罪の危険性に理解をのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!