インタビュー

Snow Man、SixTONES、なにわ男子、Travis Japanの歌うまジャニーズ第1位は? プロ音楽講師が徹底分析

2023/01/02 18:00
サイゾーウーマン編集部

 昭和の時代から、日本のエンターテインメント界を牽引し続けるジャニーズ事務所。ダンスに力を入れている事務所というイメージが強いが、中には「歌がうまい」と評判のタレントも多数在籍し、音楽番組やコンサート、ミュージカルをはじめとする舞台でその美声を披露している。

 今回は、2020年以降にデビューした若手グループ・Snow Man、SixTONES、なにわ男子、Travis Japanの各グループから、ファンの間で特に歌がうまいと評判のメンバーを1人ずつピックアップ。音大出身のプロ音楽講師であり、技巧派モノマネタレントとしても知られる知香さんに、その歌声分析を依頼し、歌うまランキングとして発表してもらった。

Snow Man、SixTONES、なにわ男子、Travis Japanの歌うまジャニーズ第1位は? プロ音楽講師が徹底分析
今回、歌声分析をしてくれた知香さん

「今回の歌声分析、とても難しかったです! できるだけ、皆さんの最近の歌声を参考にしたいと思ったのですが、現代の曲はヴォーカルにもエフェクトがかかっているので、歌声が調整されていて、なかなか“うまいヘタ”がわかりづらいんですね。そのため今回は、時期を限定せず、さまざまなジャンルの楽曲を、ソロ/グループで歌っている映像を複数組み合わせた上で分析しました」(知香さん)

 果たして、知香さんを最も唸らせた若手歌うまジャニーズは誰だ!?

Snow Man・渡辺翔太、SixTONES・京本大我、なにわ男子・大橋和也、Travis Japan・松倉海斗……歌自慢の若手ジャニーズ4人

 今回、知香さんに歌声を分析してもらったのは、Snow Man・渡辺翔太、SixTONES・京本大我、なにわ男子・大橋和也、Travis Japan・松倉海斗の4名。いずれもグループ内で「最も歌がうまい」と評判のメンバーだ。

 渡辺はSnow Manの“歌”を支える人物として、ファンから絶大な支持を得ているメンバー。京本は、CDデビュー前から人気ミュージカル東宝版『エリザベート』のルドルフ役に起用されるなど、歌唱力の高さは折り紙付き。大橋はハイトーンボイス、松倉は表現力が“武器”といわれ、やはり多くのファンを魅了している。

 そんな彼らの歌声は、プロの耳にどう響いたのか? 4人の歌うまランキングを紹介しながら、その歌声の特徴、魅力、そして伸びしろポイントを、歌うまランキングとともに解説していただいた。

Travis Japanカレンダー2023.4→2024.3(ジャニーズ事務所公認)(仮)
ジャニーズカラオケでも「マスケラ」意識して歌うわ!
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

Snow Man、SixTONES、なにわ男子、Travis Japanの歌うまジャニーズ第1位は? プロ音楽講師が徹底分析のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!