インタビュー

「東大女子の婚活は苦戦する」は本当か? セレブ高学歴特化型の結婚相談所に、真相を聞く!

toudaiakamonn0808
Photo by Keiichi Yasu from flickr

 日本最高峰の偏差値を誇る東京大学。女子学生の比率は2割程度というだけに、“東大女子”は世間から“希少な存在”として特別視されがちである。今年3月には、育児・教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏が『ルポ東大女子』(幻冬舎)を上梓し、4月にはウェブサイト「東京カレンダー」が、小説「東大女子図鑑」をスタートするなど、彼女たちの“実像”が語られるようになったが、特に世間の注目を集めているのが“東大女子の結婚”のようだ。ずば抜けた頭脳と、高学歴によって手にした高収入は、「男から引かれ、婚活市場では売れ残る」といった偏見を持たれているのである。

 そこで今回、数多くの東大女子の婚活をサポートしてきた実績を持つ、東大早慶大卒の会員様限定の東早慶倶楽部を運営する“セレブ高学歴特化型”の結婚相談所「アニバーサリーパートナー青山」代表・真央侑奈氏に取材を行い、知られざる東大女子の婚活事情について話を聞いた。

セグメントさえ間違わなければ、東大女子はモテる!?

――東大女子は、よく「頭が良すぎて男にモテない、結婚できない」などと言われがちですが、実際のところどのように感じますか?

真央侑奈氏(以下、真央) そんなことはないと思います。今は、男性の92%が「共働き希望」と言われる時代です。「アニバーサリーパートナー青山」の男性会員様は、高学歴・高収入の方が中心なのですが、そういった方でも、「女性にずっと働いてほしい」という方が多いんです。特に20~30代の男性は、共働き希望の方の割合が40代以降より高くなります。では「ずっと働ける女性」というのは、どういった女性かと考えると、結婚・出産をしても仕事を続けやすい環境が整っている一流企業勤務の方なんです。高学歴女性は、一流企業に入りやすいですし、仕事への思い入れや意識が強い方も多いですから、「子どもを育てながら、仕事も頑張りたい!」と考える傾向にあります。なので、今の時代において、東大女子のような高学歴女性のニーズは高まっているように思います。

――20~30代の男性会員が共働き希望なのは、やはり不況を知っている世代だからでしょうか

真央 日々、ビジネスの現場で「今後、日本が経済的に、手放しにバブルの頃のような勢いで発展していくことはないだろう」と、実感しているのだと思います。そのため、医師や弁護士などの国家資格を持っていたり、公務員の女性は、今の婚活市場では人気なんですよ。例えば、「丸の内OL」ってブランド力があるように思われていますが、企業だと正直、安定度がわかりにくい部分もあるため、国家資格保有者や公務員の方が人気。ただ、公務員が人気なのは女性に限った話で、男性の場合、東京で地方公務員だと「収入が低め」「ほかにもっとお金を稼ぐ仕事はある」と見られしてしまう面はありますね。また地方だと話は変わってくると思います。

まさかとは思ったけれど、やっぱりつきまとう「親問題」

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「東大女子の婚活は苦戦する」は本当か? セレブ高学歴特化型の結婚相談所に、真相を聞く!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!

ジャニーさん お誕生日おめでとうございます
ジャニーさん お誕生日おめでとうございます