いつだってセックス動画で稼ぐ!

キム・カーダシアン、夫の全裸MVのおかげで9年前に発売されたセックス動画がまた爆発的ヒットに!

kanye-kim.jpg
下世話マネー界のパワーカップルことカニエ&キム

 お騒がせセレブとして知られるキム・カーダシアン。彼女の知名度と人気を一躍上げたのが、元恋人で歌手のレイ・Jとのセックス動画だ。2人が交際していた2003年にプライベート用に撮影されたものだったが、これが第三者の手に渡り、07年には米アダルトビデオ大手の「ビビッド・エンターテインメント」に100万ドル(約1億円)で売却されてしまった。そのクオリティに圧倒されたビビッドは、すぐ配信を開始。『キム・カーダシアン:スーパースター』というタイトルを付け、キムを「パリス・ヒルトンの引き立て役」から正真正銘の「スーパースター」に押し上げた。

 スーパースターとなったキムは、14年に、ヒップホップ&ファッション界のスーパースター、カニエ・ウェストと結婚。先日カニエが発表した「Famous」のミュージックビデオ(以下、MV)は、カニエとキム、そして、歌手テイラー・スウィフト、カニエの元カノであるアンバー・ローズ、カニエとよくコラボする歌手リアーナ、リアーナの元彼であるクリス・ブラウン、共和党大統領候補ドナルド・トランプ、米「VOGUE」の編集長アナ・ウィンター、キムの元養父(現養母)ケイトリン・ジェンナー、レイプ裁判中のコメディアンであるビル・コスビー、ジョージ・W・ブッシュ元大統領、そしてレイとおぼしき有名人たちが、白い巨大なベッドに全裸で並んで寝ているという内容で、世間を大いにドン引きさせた。

 このMVだが、カニエは「みんな本人!」と主張しているものの、カニエとキム以外の有名人たちは偽者。そっくりさんを使っているのか、顔だけ画像合成しているのかは定かではないが、明らかに本人ではない。ドナルドはぶっきら棒に「自分じゃない」とコメントし、ブッシュ元大統領は代理人を通して「本物の方がいい体している」とジョークで対応。テイラーの新彼トム・ヒドルストンは怒り狂っていると伝えられ、突撃取材を受けたレイも不機嫌でムッとしていた。

 現地時間29日、そんなレイにとっての朗報が伝えられた。米ゴシップ芸能サイト「fishwrapper」は、ビビッド・エンターテインメントの社長が「Famous」MV発表後に『キム・カーダシアン:スーパースター』の売り上げが50%も伸びたことを明かした、と報じたのだ。「Famous」MVでは、キムの横にレイが寝ており、明らかに「キムがセックステープで有名人になった」ことを匂わせているため、ビビッドは売り上げに期待していたが、予想を大きく上回る伸びだったとのこと。社長は大喜びで、「カニエを我が社のマーケティング部長にお迎えしたいくらい」と述べていたという。

ブスだとセックス動画も売れないし、月からは遠いし……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!