日本でも2月26日に視聴可能!

『フルハウス』の新シリーズ予告が公開、「オリジナルのまま!」とファンも熱狂

 全米で1987~95年に放送された、大人気コメディドラマ『フルハウス』。妻に先立たれ、幼い3姉妹のシングルファザーとなったダニー(ボブ・サゲット)が、同居する妻の弟ジェシー(ジョン・ステイモス)、親友のジョーイ(デイヴ・クーリエ)とともに、男3人で子育てに奮闘する物語で、世代を超えたファンを持つことでも知られている。

 放送終了から20年たっても、会えば互いのインスタグラムで記念撮影した写真を投稿するなど、仲のいいキャストたち。近年、過去の人気ドラマが次々とリメイクされていく中、「『フルハウス』は新シリーズで!」「オリジナルキャストが総出演できるのは『フルハウス』だけ!」という声が高まっていたが、昨年4月には満を持して『フルハウス』新シリーズが制作されることが発表された。

 オリジナルは男3人が3人の娘たちを育てていたが、新シリーズは女3人が息子たちを育てるという内容で、地上波放送ではなく映像ストリーミングサービス「Netflix」での配信になること、タイトルは『フルハウス』を進化させた『フラーハウス』になることなど、新作に関する情報が次々と明かされ、一家の三女ミシェルを演じたオルセン姉妹以外の主要オリジナルキャストが総出演することも決定。世界中のファンを狂喜乱舞させた。

 12月17日には、初めての予告編が公開されたが、オリジナルのオープニング映像でも使われたサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジと、『フルハウス』の舞台だった家の外観、そして誰もいないキッチン、リビング、玄関が映されるだけ。玄関の外からは到着したばかりと思われる登場人物たちの声が聞こえるが、姿は現さない。『フルハウス』に一家の愛犬として登場していたコメットによく似たゴールデン・レトリバーが、玄関の前に座り、尻尾を振りながらドアが開くのをじっと見ているという、思わせぶりなものだった。

 その後ファンは、キャストたちがSNSに投稿する『フラーハウス』撮影現場の写真を見て、期待や妄想を膨らませることしかできなかったのだが、配信まであと1カ月という1月26日。「Netflix」が、和気あいあいとした撮影現場シーンをつなぎ合わせた予告映像を公開。「予想していた以上にオリジナルの世界観が残っている!」とファンは期待を膨らませている。

 今回公開された予告映像は、観客が見守る中で撮影を行っている現場を紹介した、いわゆる「裏舞台映像」。『フルハウス』同様、『フラーハウス』も、シットコムという「観客の前で撮影し、観客の笑い声を入れる」というジャンルなのだ。懐かしいセットが使われているのはもちろんのこと、ジェシーが昔同様にレザージャケットとサングラス姿で登場したり、家族の食事中にキミーがいきなり入ってきたり、キャストがソファーに並んで座ったり、コミカルなダンスを踊ったり、観客に向かって話をするジェシーにジョーイがキスしようとふざけたり、楽しそうな姿が紹介されていく。

 そして、長女D.J.を演じたキャンディス・キャメロン・ブレが「オリジナル同様、感情豊かなファミリードラマになるのよ」、次女ステファニーを演じたジョディ・スウィーティンが「オリジナルでは男3人が幼い娘3人を育ててたけど、新シリーズでは女3人が幼い息子3人を育てることになるの」と説明。キャンディスは、「本当にまたみんなが集まるだなんて、クレイジーよね!」と笑い、ジョディは「私たちはファミリーなの。オリジナルの撮影を始めた28年前から家族なの。絆は深まっているけどね」とうれしそうに語る姿が紹介される。

キミー、いい加減に足臭いの治ったかな?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク