理不尽な逆ギレこそディーヴァの証拠!

機材トラブルでコンサートが遅れたマドンナ、「文句言うなら来るな!」と逆ギレし猛バッシング

Madonna7.jpg
日本でいうと森昌子と同じ年のマドンナ

 美容整形とストイックなエクササイズ・食生活のおかげで、3年後に還暦を迎えるとは思えぬ若々しさを保っている、歌手のマドンナ。我が道を行く彼女は、インスタグラムやTwitterでアンチを煽り、炎上することもしばしば。しかし、本人は気にすることなく、過去のイケイケ写真や現在の「まだまだイケてるアタシ」の写真、「こんな大きな子がいるなんてビックリでしょ?」と言わんばかりに、美しく成長した長女ローデスやもっさりと成長した長男ロッコの写真を投稿。養子のデイビッドとマーシーの写真も公開し、「アーティストとしてトップを走り続け、プライベートでも家族に囲まれ、みんなに愛されている幸せなアタシ」をアピールしまくっている。

 そんなマドンナが12月14日夜、イギリスのマンチェスター公演を1時間以上遅れてスタートさせた。本来は、午後6時半に開場、9時に開演の予定だった。しかし、時間になってもステージにマドンナは現れず、説明がないまま1時間が過ぎ、10時を回ったところでやっと登場。ブーイングと拍手の両方を浴びせられたマドンナは、ステージ中央に設置されたイスに座ってマイクを握りしめ、「辛抱強く待っててくれてありがとう。今夜、アタシが遅刻したのは……言っておくけどアタシ、時間には正確で、遅れるのが大嫌いな人間なんだけど。いいこと?」と、ブーイングしている人たちを指して牽制。「グジグジ文句言ってるヤツ、お黙り!」と言い放った。

 マドンナは不満顔の観客に向って、「あのね、アタシはバックステージでチョコ食ったり、爪研ぎしたり、髪の毛にエクステを付けてたわけじゃないのよ。今夜、流す予定だったビデオが壊れちゃって。だから、そのビデオを戻せないか、試行錯誤してたのよ。バックアップはあるんだけど、それもダメで。壊れたビデオプレイヤーの本社がこのマンチェスターにあったから、頼んだの」と、たらたら弁解。「だから遅れたのよ。ワガママからじゃないわけ」と正当化し、「それでもアンタらがタラタラと文句垂れるんなら……アタシのショーに来るんじゃないわよ」と、ブーイングを続ける観客をやり込めた。

 いかにも女帝マドンナらしいエピソードなのだが、その場にいた観客の一部は激怒。Twitterに、「マンチェスター・コンサートでのマドンナの態度最悪。30年間ファンだったけど、もうやめる」「説明もなく50分以上遅れるってどういうことだ。許せない。次の日、(朝早くから)仕事の人だっているのに」「チケットは約100ポンド(約1万8,000円)したのに、最悪」などと投稿した。

 間もなくして、マドンナが前述の暴言まじりの説明をしている動画が流出。欧米メディアがこぞって報じ、ネット上でマドンナをバッシングする騒ぎに発展した。さすがのマドンナもまずいと思ったのか、インスタグラムに自身の加工写真と共に、今回の遅刻について説明するメッセージを投稿した。

シワ伸ばしの副作用に「自省の欠落」ってありそうだな

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー