[女性誌速攻レビュー]「CLASSY.」12月号

カッコいいとモテの矛盾に疲れた「CLASSY.」読者を癒やす、「愛が深まる服」という夢物語

classy1512.jpg
「CLASSY.」2015年12月号(光文社)

 「CLASSY.」(光文社)がこなれ万歳と言い続けてはや幾年……ついに新しい局面へと突入するのか、今月号の特集は「こなれを超える!『カッコいい』の新基準」です。この数カ月「CLASSY.」がぶち上げてきた“大人の余裕”“サバけた女”はここに帰結するのでしょうか。

 そんな思いを抱きながら読んだ、特集冒頭の対談「里子×梨花『カッコいいってこういうこと』」。今や堂々たるファッションプロデューサーである梨花と、「CLASSY.」の表紙モデルを4年以上務める小泉里子。12年来の付き合いがあるという2人が「カッコいい」女性、生き方について話しているのですが、これがわかるようでわからない“うっとり”合戦の様相を呈しています。

「洋服のトレンドがどうっていうよりも、中身重視というか…その人なりの着こなしが重要なのかも(小泉)」
「いろんなことを考えて、結構もがいてきた。でも、それがあったから、すべてが繋がった『今』があると思うの(梨花)」

 とにかくこなれろ、いやキレイにこなれろ、いやいやカッコよくこなれろ……コンサバワンピからこなれ圧力に翻弄されてきた読者にとって、「その人なりの着こなし」とは遠い彼岸にあり、「すべてが繋がった『今』」もまた幻。こなれよりも困難な“中身”“人間性”を語る2人にファッション誌の罪深さを見せられた思いです。

<トピックス>
◎特集 こなれを超える!「カッコいい」の新基準
◎流行無視!? 男ウケ服だけで11月の着回しDiary
◎愛が深まる「3段階レイヤード」を知っていますか

■ガウチョパンツに身内を殺られた男たち

 前述の企画で、「歳をとることをネガティブに考える人も多いけど、若い人では表現できない潔さとか爽やかさもある。緩んだ二の腕やおしりはやばくても、その肉感が実は愛おしかったり(笑)」「若さにこだわるより心豊かで楽しく、ナチュラルに生きるのがカッコいい」と話していた小泉。加齢に逆らわずに生きることこそカッコいい。それは長くアラフォー女性誌が訴えて続けてきたこと。「若い人では表現できない潔さ」とか「若さにこだわるより」とか、加齢の一つの象徴である「若さへの意識」が尋常じゃないほど見え隠れしているのが今の「CLASSY.」。

“なにコレ……”と一笑に付して終わるべきだけどな

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  12. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  18. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに